ミヌーフィーヤ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミヌーフィーヤ県アラビア語: ‏محافظة المنوفية‎、Muhafazat al-Minufiyya)は、エジプトの県。面積1,532 km²、人口3,270,404人。北をガルビーヤ県と、南をカイロ県と接する。エジプト北部のナイル川デルタ内に位置する。県都はシビーン・コーム市。日本ではメヌフィーヤ県と表記されることもある。

この県からは、アンワル・アッ=サーダートホスニー・ムバーラクの二人の大統領を輩出している。

2011年の革命後でも旧政権支持が根強く、2012年の大統領選挙決選投票では、旧政権最後の首相アフマド・シャフィークの得票率が71%余にのぼった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]