ミニメンタルステート検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミニメンタルステート検査(ミニメンタルステートけんさ、Mini Mental State ExaminationMMSE)は、痴呆の診断用に米国で1975年、フォルスタインらが開発した質問セットである。30点満点の11の質問からなり、見当識、記憶力、計算力、言語的能力、図形的能力などをカバーする。24点以上で正常と判断、10点未満では高度な知能低下、20点未満では中等度の知能低下と診断する。

質問内容[編集]

  1. 日時(5点)
    • 今年は何年ですか。
    • いまの季節は何ですか。
    • 今日は何曜日ですか。
    • 今日は何月何日ですか。
  2. 現在地(5点)
    • ここは、何県ですか。
    • ここは何市ですか。
    • ここは何病院ですか。
    • ここは何階ですか。
    • ここは何地方ですか。
  3. 記憶(3点)
    • 相互に無関係な物品名を3個聞かせ、それをそのまま復唱させる。1個答えられるごとに1点。すべて言えなければ6回まで繰り返す。
  4. 7シリーズ(5点)
    • 100から順に7を引いていく。5回できれば5点。間違えた時点で打ち切り。
    • あるいは「フジノヤマ」を逆唱させる。    
  5. 想起(3点)
    • 3で示した物品名を再度復唱させる。    
  6. 呼称(2点)
    • 時計と鉛筆を順に見せて、名称を答えさせる。
  7. 読字(1点)
    • 次の文章を繰り返す。「みんなで、力を合わせて綱を引きます」    
  8. 言語理解(3点)
    • 次の3つの命令を口頭で伝え、すべて聞き終わってから実行する
    「右手にこの紙を持ってください」
    「それを半分に折りたたんでください」
    「机の上に置いてください」    
  9. 文章理解(1点)
    • 次の文章を読んで実行する。「眼を閉じなさい」    
  10. 文章構成(1点)
    • 何か文章を書いてください。
  11. 図形把握(1点)
    • 次の図形を書き写してください。

MMS.png

関連項目[編集]