ミニット・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミニット・レコード (Minit Records)は、1959年、ジョー・バナシャクとラリー・マッキンリーによって設立されたニューオーリンズレコード・レーベル

1961年インペリアル・レコードと配給契約を締結したのち、アーニー・ケイドーの"Mother-In-Law"がナンバーワン・ヒットになった。アーマ・トーマスのヒット曲などアラン・トゥーサンがプロデュースした作品の数々がミニットよりリリースとなった。ヒット曲が途絶えると、ミニットはインペリアル・レコードに買収された。1963年には、インペリアルがリバティー・レコードの傘下に入ったことに伴い、ミニット音源もリバティー管轄となった。1966年から1970年にかけて、サンセット・レコードによってミニット音源の再発が行われた。一方、同時期にミニット・レコードはソウル・レーベルとして活動もしていた。[1]

注釈[編集]

  1. ^ Minit/Instant Album Discographies