ミナミヌマエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミナミヌマエビ
Minaminumaebi.jpg
赤褐色が強い個体
分類
: 動物Animalia
: 節足動物Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱(エビ綱) Malacostraca
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目) Pleocyemata
下目 : コエビ下目 Caridea
: ヌマエビ科 Atyidae
亜科 : ヒメヌマエビ亜科 Atyinae
: カワリヌマエビ属 Neocaridina
: N. denticulata
亜種 : ミナミヌマエビ N. d. denticulata
学名
Neocaridina denticulata denticulata
Kemp1918
和名
ミナミヌマエビ(南沼蝦)
英名
Freshwater shrimp
産卵後、産んだ卵を腹脚内にかかえこんで抱卵中のメス。この状態で孵化まで世話をする。メスの腹から剥がれてしまった卵は孵化しない。

ミナミヌマエビ(南沼蝦、学名 Neocaridina denticulata denticulata )は、十脚目ヌマエビ科に分類されるエビの一種。産卵も淡水中で行い、一生を淡水域で過ごす陸封型のヌマエビである。Neocaridina denticulata という種レベルでは朝鮮半島台湾中国まで分布するが、狭義には日本固有亜種を指して「ミナミヌマエビ」と呼ぶ。

特徴[編集]

体長はオスは20mm、メスでも30mm未満で、ヤマトヌマエビよりもずっと小型である。額角は長く、鋸歯状の棘が上縁に8-20(通常13-15)個、下縁に0-9(通常3-6)個あるが、先端付近には棘がない[1][2]。5対の歩脚は短く、このうち前の2対は先端に小さながある。背中の真ん中には白っぽい太い線が尾まで走り、線をはさむように「ハ」の字型の縞模様が並ぶ。若い個体やオスは全身が半透明で他のエビと区別しにくいが、メスの成体の体色は変異が大きく、茶色や緑黒色の個体もいる。

西日本の静岡県沼津市周辺、および琵琶湖淀川水系から九州までに分布する日本の固有亜種だが、朝鮮半島、台湾、中国に多くの亜種が知られる。特に中国南部原産のシナヌマエビ Neocaridina denticulata sinensis (Kemp,1918) はミナミヌマエビとよく似ている。これらの近縁種が釣り餌として日本に輸入されて在来ミナミヌマエビと交雑し、遺伝子汚染を起こす可能性が指摘されている。兵庫県夢前川水系では中国固有のヒルミミズ Holtodrilus truncatus が付着したカワリヌマエビ属のエビが発見され、釣り餌用に中国から輸入された淡水エビが川に逃げ出したことが示唆された[3]。また在来のミナミヌマエビも釣り餌などの持ちこみで日本各地に分布を広げている[要出典]

生態[編集]

流れのゆるい川や池の、水草が多い所に生息する。ダムなどの建設はヤマトヌマエビなどの分布域を狭めるが、逆にミナミヌマエビにとっては生息に適した場所となる。

雑食性で、生物の死骸や藻類デトリタスなど何でも食べるが[2]、ヤマトヌマエビのように生きた小動物を襲うことはない。歩脚の鋏で餌を小さくちぎり、忙しく口に運ぶ動作を繰り返す。小さな塊状の餌は顎脚と歩脚で抱きこみ、大顎で齧って食べる。

繁殖期はからで、メスは冬の間に卵巣を肥大させ、背中側が深緑色に色づく。交尾を終えたメスは1mmほどの卵を38-130個ほど産卵するが、これはヤマトヌマエビなどと比べて大粒・少数である[1]。卵は孵化するまでメスが腹脚にかかえこんで保護する。卵は最初は深緑色をしているが、やがて褐色になり、幼生の姿が透けて見えるようになる。

ミナミヌマエビは卵の中で幼生期を過ごし、体長2mmほどの稚エビで孵化する。孵化直後の稚エビは尾扇が未発達で、体色は半透明の白色をしている。稚エビは海へ降りることなく淡水中で成長する(この点は海で成長して川に遡上する両側回遊型のヤマトヌマエビと異なる)。寿命は約1年で、メスは1回-数回の産卵をした後に死んでしまう[2]

人間との関係[編集]

「ブツエビ」「タエビ」などと呼ばれ、スジエビなどと共に釣り活き餌として利用されるが[1][3]アクアリウムでの観賞用やタンクメイトとしても利用されるようになった。ただし、ペットショップで売っているものや、活き餌として売られているものは、「ミナミヌマエビ」と書いてあっても、ほとんどが狭義のミナミヌマエビではない大陸産亜種であることには注意が必要である[要出典]

水槽内の藻類や水垢などを食べて水槽の掃除役をこなす。固形飼料を与えると群がってくるしぐさも愛嬌があり、特に餌をやらなくても水槽内に十分に藻類が繁殖していればそれを食べて生き残ることができる。水温への適応も1-30℃程度と幅広い。水面が凍るほどの寒さでも生き延び、夏でも風通しの良い日陰なら大抵耐えられる。

ただし自分より大きな魚がいると物陰に隠れてしまうし、小型なので捕食されやすい。同じ水槽で飼うならメダカなどの小魚か、ドジョウ類などのおとなしい魚がよい。オヤニラミなどの肉食魚と混泳させないのはもちろんだが、ドジョウ類でもホトケドジョウはミナミヌマエビが好物なので要注意である[4]。また水温変化に強いとはいえ、大多数の生物と同じく急激な水温変化には弱い。

成長するために塩分を必要としないので、複数個体をうまく飼育すると水槽内でどんどん繁殖する[2]。繁殖のし過ぎに注意が必要なほどである。ヒーターをつけない水槽では春から秋まで繁殖するが、ヒーターで加温した水槽は1年を通して産卵し、体長16mmくらいの抱卵個体も見られる。小魚と飼っている場合は孵化直後の稚エビが捕食され易いので、水草や石などで隠れ家を多く作るとよい。また、気付くことはなくともフィルターなどの濾過機に吸い込まれることがあるため、吸引力の強い濾過器では稚魚吸い込み防止のスポンジや、スポンジフィルターの使用が必要になる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 三宅貞祥『原色日本大型甲殻類図鑑 I』ISBN 4586300620 1982年 保育社
  2. ^ a b c d 鹿児島の自然を記録する会編『川の生き物図鑑 鹿児島の水辺から』(解説 : 鈴木廣志)2002年 南方新社 ISBN 493137669X
  3. ^ a b 丹羽信彰『兵庫県菅生川のヒルミミズの侵入時期と侵入経路の特定』日本甲殻類学会第48回大会講演 2010年
  4. ^ 『レッドビーシュリンプとその仲間』 アクアライフ編集部