ミドルトン・グランジ・スクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミドルトン・グランジ・スクールMiddleton Grange School, 略称:MGS)は、ニュージーランドクライストチャーチに所在する小学校中等学校

歴史[編集]

1850年代に建設された"the Old House"(旧ボーウェン邸)。ミドルトン・グランジ・スクールを象徴する建物であり歴史的建造物に登録されている。建物1階に初等部専用図書室が設置されている。

1964年2月4日、クライストチャーチでのキリスト教教育の普及を目的に、キリスト教学校基金により私立校として創立。現在に至るまでキリスト教学校基金が学校施設を所有している。

創立当初は66名の生徒と4名の教師で開校した[1]。クライストチャーチ・キリスト教学校ネットワーク(CSN)、ニュージーランド・キリスト教学校協会(NZACS)に加盟し、福音主義に基づく教育課程を構成している。キリスト教主義学校としてはニュージーランド最大の初等・中等教育機関である。

スクール・モットーは「我らは汝からの光により光を見る」(詩篇36:1)。校章には太陽が描かれており、剣は「神の義」(マタイによる福音書6:33)を表す十字架、盾は信頼(詩篇115:3)、太陽はを象徴する「義の太陽」(マラキ書4:2)を意味する。

キャンパスは、冒険家として活躍し第4代司法大臣を務めたチャールズ・ボーウェン(1830年 - 1917年)の敷地を譲り受け建設した。ボーウェン家の邸宅はカンタベリー地方初期開拓民の1人で、ニュージーランド議会議員を務めたトマス・ラウリ(1903年没)が1850年代に建設した旧ラウリ邸であり、現在では "the Old House" と命名され、キャンパス内に現存している。"the Old House"は、ロバート・スコット南極探検へ向う際に宿舎として使用された歴史を持ち、ニュージーランド史跡基金(NZHPT)に歴史的建造物として登録されている(登録番号:1824番, 登録日:1983年6月23日)[2]

1975年から2001年まで、キャンパス内に「ニュージーランド・バイブル・カレッジ」[3]クライストチャーチ・キャンパスを併設した(現在はパパヌイ地区へ移転)。

2001年から2006年まで中道右派系シンクタンク「マキシム研究所」[4]のクライストチャーチ事務所がキャンパス内に設置され、キリスト教保守派による研究調査と政策提言がされた(現在はオークランドへ移転[5])。

学校長はリチャード・ヴァンダーフュル(ニュージーランド・キリスト教学校協会長を兼任、オークランド大学教育学修士、在任期間:2010年 - )。

校風[編集]

ミドルトン・グランジ・スクール校舎

生徒数は1,358名(2014年7月30日付)[6]。初等部から高等部まで男女共学。寄宿寮は併設されていない。

キャンパスはクライストチャーチ南西部アッパー・リカトン地区内の閑静な住宅地に所在し、キャンパス内に初等部(6年制)、中等部(4年制)、高等部(3年制)、インターナショナル・カレッジ(国際部)の4つの校舎が所在する。中等部を「ミドル・スクール」、高等部を「シニア・カレッジ」と独自の呼称を持つ。同一キャンパス内に初等部から高等部までを有する教育機関はニュージーランドでは非常に珍しく、初等・中等教育課程の13年間をMGSで学ぶ生徒が多い。

「インターナショナル・カレッジ」(国際部)は英語母語としない生徒が属し英語教育を集中的に学ぶ特別学級であり、学年別編成はされていない。

深緑色が特徴的な学生服を着用する。シニア・カレッジ生は上級生を意味する縞模様が入った深緑色ブレザーと緑色ネクタイ(冬用学生服のみ)を着用する。ミドル・スクール生は縞模様が入らない深緑色ブレザーに下級生を意味する赤色ネクタイ(冬用学生服のみ)を着用する。旧学生服には縞模様は入らず深緑色の単一カラーを採用した。また旧学生服では最上級生のみブレザーのフチを金色のリボンで縁取りし強調する学生服を採用した。

必修科目として、全学年で週1回以上の聖書研究や神学教育が行われる。

進学校であり卒業生のほぼ全員が高等教育機関へ進学する。

2014年6月(27日から29日)に創立50周年記念式典を挙行。

ハウス[編集]

中等部・高等部の生徒・教員は「ハウス」と呼ばれる組に属し、構成員として(主に)スポーツ競技と文化活動に参加する。学年が異なる兄弟・姉妹生は同じハウスに属し学年を超えた縦断的な連携関係を構築する。ハウスシステムは1967年に導入され、現在は4つのハウスが運営されている。進級に伴なうハウス変更は行われず、入学時のハウスに卒業まで属する。各ハウスはハウス長2名(男女各1名)と副長2名(男女各1名)を選出しハウス運営に当たる。年間を通して勝利ハウスを競い、最上位ハウスには「信頼」を意味する「盾」が授与される。各ハウスは盾の防衛と奪還を巡る争奪戦に挑む。4つのハウスは "the Old House" と縁を持つ4人の冒険家から命名されている。

スコット 冒険家ロバート・スコットから命名されたハウス。ハウスカラーは黄色。ハウスモットーは『度胸と忍耐』。2009年までの優勝回数は14回。
ウィルソン 冒険家エドワード・エイドリアン・ウィルソンから命名されたハウス。ハウスカラーは緑。ハウスモットーは『信頼と信用』。2009年までの優勝回数は6回。
シャクルトン 冒険家アーネスト・シャクルトンから命名されたハウス。ハウスカラーは青。ハウスモットーは『指導と忍耐』。2009年までの優勝回数は11回。
ボーウェン 冒険家チャールズ・ボーウェンから命名されたハウス。ハウスカラーは赤。ハウスモットーは『奉仕と厚遇』。2009年までの優勝回数は13回。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年度学校案内(英語版)より
  2. ^ Heritage New Zealand(ニュージーランド史跡基金公式ホームページ)
  3. ^ 2008年にバイブル・カレッジの活動に多大な貢献を残したロバート・レイドロウ(小売チェーン店「Farmer's」創業者)の名を取り「レイドロウ・カレッジ」へ改称
  4. ^ ニュージーランド教育開発基金(NZEDF)が2001年に改称し誕生した独立系シンクタンク。MGSカリキュラム・ディレクター 兼 NZEDFディレクターを務めたキリスト教右派系活動家ブルース・ローガン(オレワ・カレッジ(オークランド)元学校長)が初代CEOを務めた。
  5. ^ 初代CEOを務めたブルース・ローガンが2005年末でマキシム研究所を定年退職したためクライストチャーチ事務所を閉鎖。
  6. ^ Ministry of Education

外部リンク[編集]