ミドリムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミドリムシ属
Euglena scheme no arrows.svg
Euglena 細胞中央のピンク色の球は細胞核、多数見られる緑色の顆粒は葉緑体、上部の赤い点は euglena という名前の由来でもある眼点(eu- 真の、美しい+glena 眼)。
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: エクスカバータ Excavata
階級なし : Discoba
階級なし : 盤状クリステ類 Discicristata
階級なし : ユーグレノゾア Euglenozoa
: ユーグレナ類 Euglenida
: ユーグレナ藻綱 Euglenophyceae
: ユーグレナ目(ミドリムシ目)Euglenales
: ユーグレナ科(ミドリムシ科)Euglenaceae
: ミドリムシ属 Euglena
学名
Euglena Ehrenberg1830
和名
ミドリムシ、ユーグレナ

ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。Euglena の由来は、(eu 美しい + glena 眼点)。名称としてミドリムシの代わりに「ユーグレナ」を用いる場合も多い。古くはユーグレムシの名称が使われたこともある[1]。本項目では E. gracilisE. proxima などを含む、典型的なミドリムシに関して記述する。

ミドリムシの名は、広義にはミドリムシ植物 Euglenophyta(≒ 現在のユーグレナ類 Euglenida)全体の総称として用いられる[要出典]鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行うため、「単細胞生物は動物/植物の区別が難しい」という話の好例として挙げられることが多い。これはミドリムシ植物がボド類のような原生動物と緑色藻類との真核共生により成立したと考えられる生物群であるためである。それゆえミドリムシ植物には Peranema 属のように葉緑体を持たず捕食生活を行う生物群も現存する。

特徴[編集]

Euglena sp.jpg

淡水ではごく普通に見られる生物である。止水、特に浅いたまり水に多く、春から夏にかけて水田ではごく頻繁に発生する。水温が上がるなどして生育に適さない環境条件になると、細胞が丸くなってシスト様の状態となり、水面が緑色の粉を吹いたように見える。

ミドリムシは0.1mm以下の単細胞生物で、おおよそ紡錘形である。二本の鞭毛を持つが、一本は非常に短く細胞前端の陥入部の中に収まっている為、しばしば単鞭毛であると誤記述される。もう一方の長鞭毛を進行方向へ伸ばし、その先端をくねらせるように動かしてゆっくりと進む。細胞自体は全体に伸び縮みしたり、くねったりという独特のユーグレナ運動(すじりもじり運動)を行う。この運動は、細胞外皮であるペリクルの構造により実現されている。ペリクルは螺旋状に走る多数の帯状部で構成されており、一般的な光学顕微鏡観察においても各々の接着部分が線条として観察される。細胞の遊泳速度もさほど速くないので、初歩的な顕微鏡観察の題材に向く。

鞭毛の付け根には、ユーグレナという名の由来でもある真っ赤な眼点があるが、これは感光点ではない。感光点は眼点に近接した鞭毛基部の膨らみに局在する光活性化アデニル酸シクラーゼ (PAC) の準結晶様構造体である。真っ赤な眼点の役目は、特定方向からの光線の進入を遮り、感光点の光認識に指向性を持たせる事である。

細胞内には楕円形の葉緑体がある。葉緑体は三重膜構造となっており、二次共生した緑藻に由来する。従って緑藻同様、光合成色素としてクロロフィルa、bを持つ。ミドリムシでありながらオレンジ色や赤色を呈する種もあるが、これは細胞内に蓄積されたカロテノイドキサントフィルによるものである。細胞内には貯蔵物質としてパラミロンというβ1,3-グルカンの顆粒も見られる。

系統[編集]

ミドリムシは、古くは原生動物鞭毛虫綱 の植物鞭毛虫などとして扱われた。

ミドリムシを含むユーグレナ類 Euglenida は、系統的にはアフリカ睡眠病の病原体であるトリパノソーマを含むキネトプラスト類ディプロネマ類 DiplonemeaSymbiontida と姉妹群であり、近年ではこれらをまとめたユーグレノゾアとして、エクスカバータの内部に含める。

利用[編集]

実用化
一部実用化
  • 養魚用配合飼料(シラスウナギ[2]、ヤイトハタ[3]ニジマス[4][5]など)。但し、稚魚に直接与えるのでは無く、アルテミア幼生の栄養強化のためにユーグレナ配合飼料を与える[6]。一方、未加工で与えた場合はソウギョなどの魚種によっては消化されないことが報告されている[7]
研究段階
  • ミドリムシを用いたバイオ燃料の研究や医療技術の転用、環境改善、豊富な栄養素を持つことから食用としての研究が進んでいる[8]
  • 2013年1月9日、産業技術総合研究所がミドリムシ由来成分が約70%を占めるプラスチックの生成に成功した[9]

参考文献[編集]

  • Adl, S. M. et al. (2005). "The New Higher Level Classification of Eukaryotes with Emphasis on the Taxonomy of Protists". Journal of Eukaryotic Microbiology 52 (5): 399–451. 
  • 千原光男編集;岩槻邦男・馬渡峻輔監修『藻類の多様性と系統』,(1999),裳華房
  • 内田清之助(著者代表)、『改訂増補 日本動物圖鑑』、1952、北隆館

脚注[編集]

  1. ^ 内田代表(1952)p.1742
  2. ^ ウナギ仔魚用飼料・飼育システムの開発− 世界で初めてシラスプラスチックの人工生産に成功− 水産総合研究センター研究報告 別冊第5号(平成18年3月)
  3. ^ 1999年度ヤイトハタ種苗生産の概要 沖縄県水産海洋技術センター
  4. ^ 養魚初期飼料としてのユーグレナの栄養評価-I Euglena gracilis の栄養成分に及ぼす培養条件の影響 水産増殖 Vol.32 (1984) No.2 P83-87
  5. ^ [http://dx.doi.org/10.11233/aquaculturesci1953.32.88 養魚初期飼料としてのユーグレナの栄養評価-II ニジマス稚魚に対するユーグレナ飼料の栄養価] 水産増殖 Vol.32 (1984) No.2 P88-91
  6. ^ アカハタ人工ふ化養成魚の酸素消費量と水温および体重との関係 水産増殖 Vol.51 (2003) No.4 P429-434
  7. ^ 鈴木敏雄、高橋耿之介:循環水槽によるソウギョ, ハクレン卵のふ化飼育 水産増殖 Vol.9 (1961-1962) No.1 P1-7
  8. ^ ミドリムシのバイオ燃料は本当に有望か? 日経ビジネスオンライン 記事:2013年4月24日 閲覧:2013年6月17日
  9. ^ ミドリムシプラスチックの開発 産業技術総合研究所 (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]