ミツボシクロスズメダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミツボシクロスズメダイ
Dascyllus trimaculatus.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ベラ亜目 Labroidei
: スズメダイ科 Pomacentridae
: ミスジリュウキュウスズメダイ属
Dascyllus
: ミツボシクロスズメダイ
D. trimaculatus
学名
Dascyllus trimaculatus
(Rüppell, 1829)
英名
Threespot dascyllus

ミツボシクロスズメダイ(学名:Dascyllus trimaculatus )は、スズキ目スズメダイ科に分類されるの一種。

分布[編集]

主に西部太平洋からインド洋にかけて分布し、日本近海では本州中部より南の浅い海域で見られる。

形態[編集]

全長約15cm。幼魚には体の両側と頭部に計3つの白斑があり、本種の名前の由来となっている。白斑は成長とともに消失する。

生態[編集]

幼魚は同じスズメダイ科に属するクマノミAmphiprion属)と同様、サンゴイソギンチャクのような大型のイソギンチャク共生を行うことが知られる。ただしクマノミとは異なり、成長に従ってイソギンチャクから離れ、自由生活へと移行する。

参考文献[編集]

  • 岡村収・尼岡邦夫 編・監修 『日本の海水魚』 山と溪谷社 1997年 ISBN 4-635-09027-2

関連項目[編集]