ミツバヤツメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミツバヤツメ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 無顎綱 Agnatha
: 頭甲綱 Cephalaspidomorphi
: ヤツメウナギ目 Petromyzontiformes
: ヤツメウナギ科 Petromyzontidae
: ミツバヤツメ属 Entosphenus
: ツバヤツメ
E. tridentatus
学名
Entosphenus tridentatus
(Richardson, 1836)
和名
ミツバヤツメ


ミツバヤツメ(学名:Entosphenus tridentatus)は、ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科ミツバヤツメ属に属する水中動物である。三つの歯を持つことから「三歯ヤツメ」と命名された。

太平洋の北半球側に生息しているが、日本では北海道のごく一部の河川で見られる。本州の河川にもまれに迷い込んでくる。日本では30尾あまりしか発見されておらず、絶滅危惧種である。

春から夏にかけて産卵のために海から河川を遡行するとされているが、国内ではまだ詳しい生態調査はなされていない。

なお、栃木県大田原市の水族館「栃木県なかがわ水遊園」で那珂川水系で発見された2尾が飼育されている。

関連項目[編集]