ミッドウエスト航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッドウエスト航空
IATA
YX
ICAO
MEP
コールサイン
MIDEX
設立日 1948年 (K-C Aviationとして)
運航停止日 2010年 (フロンティア航空と合併)
ハブ空港 ジェネラル・ミッチェル国際空港
カンザスシティ国際空港
焦点空港 オマハ エプリー・エアフィールド
マイレージサービス Midwest Miles
会員ラウンジ Best Care Club
保有機材数 30機(6機発注中)
就航地 18都市
スローガン The Best Care In The Air
親会社 リパブリックエアウェイズ・ホルディングズ
本拠地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
代表者 Bryan Bedford (CEO)
外部リンク midwestairlines.com

ミッドウエスト航空 (Midwest Airlines)は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキーに拠点を置く航空会社である。

2007年8月になって、エアトランによる敵対的買収案を拒否し買収ファンドのTPGキャピタルノースウェスト航空の経営支援のもと運航することになったが、ミッドウェスト航空自体の経営的自主性は保たれている。これによってノースウェスト航空とのコードシェア便やマイレージ・プログラムなどの相互的なメリットが一層合理化されるが、ウィスコンシン州でのシェア争いの面では同社とはあくまでもライバル会社である。

就航都市[編集]

後翼のデザイン

アメリカ合衆国[編集]

カナダ[編集]

保有機材[編集]

ミッドウエスト航空の保有機種及び機数
機種 機数 座席数 就航路線 備考
エアバスA319 5 136 国内線 運航はフロンティア航空
エンブラエル 190 10(5機発注) 99 国内線 運航はRepublic Airlines [1]

USエアウェイズから10機購入する[2]

エンブラエル 170 15 76 国内線 運航はRepublic Airlines

退役した機材[編集]

ミッドウエスト航空の退役機材
機種 機数 座席数
(Signature/Saver)
退役年 備考
マクドネル・ダグラス DC-9-10 8 60 (60/0) 2004
マクドネル・ダグラス DC-9-30 16 84 (84/0) 2004
マクドネル・ダグラス MD-81 2 143 (12/131) 2008 MD-80 series aircraft added to the fleet enabled the airline to fly nonstop between Milwaukee and U.S. west coast destinations such as Los Angeles (LAX) and San Francisco (SFO).
マクドネル・ダグラス MD-82 6 143 (12/131) 2008
マクドネル・ダグラス MD-88 4 139 (12/127) 2008
ボーイング717 25 99 (40/59) 2008~2009 Aircraft returned to lessors; Later leased to now closed MexicanaClick
Replaced by Republic Airlines Embraer E-190

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]