ミッドウェスト航空5481便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッドウェスト航空 5481便
Beech 1900 D.JPG
概要
日付 2003年1月8日
原因 乗客と荷物の重量計算と重心計算のミス、昇降舵の整備不良
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州シャーロット・ダグラス国際空港
死者 21
負傷者 0
航空機
機体 ビーチクラフト 1900D
運用者 Flag of the United States.svgミッドウェスト航空
機体記号 N233YV
乗客数 19
乗員数 2
生存者 0
テンプレートを表示

ミッドウェスト航空5481便墜落事故は、2003年1月8日にアメリカノースカロライナ州シャーロット・ダグラス国際空港USエアウェイズ・エクスプレス5481便、ビーチクラフト1900Dが離陸直後に墜落した航空事故である。実際の運航はフランチャイジーであるミッドウェスト航空が行った。乗員2名と乗客19名全員が死亡し、地上にいた1名が軽傷を負った。


概要[編集]

2003年1月8日、シャーロット・ダグラス国際空港発サウスカロライナ州グリーンビル・スパータンバーグ国際空港英語版行USエアウェイズ・エクスプレス5481便が、乗員乗客21名を乗せシャーロット・ダグラス国際空港を離陸した。便名はUSエアウェイズ・エクスプレスであったが運行自体はミッドウェスト航空に委託されていた。

離陸直後、異常な機首上げが発生し失速した。すぐに回復操作を行ったが、離陸直後で高度が足らなかったこともあり、操縦不能のまま機体は空港敷地内の格納庫脇に墜落し爆発、炎上した。この事故で乗員乗客21人全員が死亡した。

事故原因[編集]

国家運輸安全委員会(NTSB)の調査では2つの異なる問題が事故を引き起こしたとしている。

事故当時運行会社では、乗客と手荷物ともに平均値により各重量を推測していたが、当日は計算より重く最大離陸重量を上回っていた。また積載した手荷物により重心も貨物室後方寄りになっていた。離陸後、車輪を収納したため重心がさらに後方に偏り、離陸後異常な機首上げが発生したとされた。

また、事故機は定期整備において、昇降舵を動かす2本のケーブルの調節を行っていたが、この機体に不慣れな整備士が担当し、また作業中に整備マニュアルの確認手順を見落としていた。これにより2本のケーブルの張力に差が生じ、本来ならば機首下げ方向に14度動くはずの昇降舵が7度しか動かない状況となっていた。この結果、異常な機首上げに対する回復操作にも困難を生じさせた。この整備士は整備会社の下請け社員であり、また整備会社も作業をしながら整備方法を覚えることを基本とする教育方針を採っていた。また、整備会社の上司は整備後のチェック項目を飛ばしていたため、昇降舵の可動範囲がおかしい事に気付くことはなかった。

機長の行動[編集]

墜落地点。機体は格納庫のすぐ脇に墜落した。

機長は格納庫に直撃しそうになった機体をできるだけ格納庫から離して墜落させたと見られている。もし機長のこの行動がなかったとしたら、機体は格納庫に突っ込んでおり、被害がさらに拡大していた。

その後[編集]

NTSBの勧告により、連邦航空局が乗客と荷物の実際の重量の調査を行い、1936年より変わっていなかった乗客と荷物の重量計算に関するガイダンスを改定した。NTSBでは小型機の場合でも平均値ではなく実際の重量を計り計算するべきともしたが、その後も7割の小型機が平均重量を使用している。

作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]