ミッチ・デニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッチ・デニング
Mitch Dening
新潟アルビレックスBC #28
Mitchell John Dening on September 23, 2013.JPG
新潟時代(2013年9月23日)
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ニューサウスウェールズ州
生年月日 1988年8月17日(26歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗 オーストラリア
WBC 2009年2013年

ミッチェル・ジョン・デニングMitchell John "Mitch" Dening, 1988年8月17日 - )は、オーストラリアニューサウスウェールズ州出身のプロ野球選手外野手)。現在は、BCリーグ新潟アルビレックスBCに所属している。

ミッチェル・デニングと表記されることもある。

経歴[編集]

2005年に、16歳の若さでボストン・レッドソックスと契約を結ぶ。

2005年と2006年はともに出場なしに終わる。

2007年にルーキーリーグのガルフ・コーストリーグ・レッドソックスで47試合に出場し、打率.301の成績を残す。

2008年はA-級のローウェル・スピナーズでプレーし、62試合で打率.321の成績を残したが、メジャーに昇格することはできなかった。

2009年はA級のグリーンビル・ドライブで106試合に出場する。また、この年に行われた第2回WBCオーストラリア代表に選ばれた。

2010年はA+級のセイラム・レッドソックスオーストラリアン・ベースボールリーグシドニー・ブルーソックスでプレーする。セイラム・レッドソックスでは116試合で打率.274の成績を残すが、シドニー・ブルーソックスでは38試合で打率.201の成績に終わる。

2011年もセイラム・レッドソックスとシドニー・ブルーソックスでプレーする。セイラムでは86試合で打率.220。シドニー・ブルーソックスでは26試合の出場にとどまる。

2012年フロンティアリーグワシントン・ワイルドシングスでプレーしたが、15試合の出場にとどまった。

2013年第3回WBCオーストラリア代表に選ばれる[1]。同年シドニー・ブルーソックスに復帰したが出場できずにシーズンを終え、5月27日BCリーグ新潟アルビレックスBCへの入団が発表された[2]。レギュラーシーズンでは44試合に出場。打率.370と好成績を残し首位打者のタイトルを獲得した。

詳細情報[編集]

独立リーグでの成績[編集]











































O
P
S
2012 ワイルドシングス 15 47 4 9 1 1 1 15 5 0 1 1 9 1 10 -- .191 .328 .319 .647
2013 新潟 44 173 32 64 14 1 6 119 30 5 0 0 17 4 21 5 .370 .438 .688 1.126
2014 72 252 45 81 22 0 12 137 68 4 0 5 46 5 34 0 .321 .432 .544 .973
FL:1年 15 47 4 9 1 1 1 15 5 0 1 1 9 1 10 -- .191 .328 .319 .647
BCL:2年 116 425 77 145 36 1 18 256 98 9 0 5 63 9 55 5 .341 .438 .602 1.040
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 28 (2013年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]