ミッチ・タルボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッチ・タルボット
Mitch Talbot
Lamigoモンキーズ #4
Mitch Talbot on May 20, 2010.jpg
インディアンス時代(2010年5月20日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 ユタ州シーダーシティ
生年月日 1983年10月17日(31歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 ドラフト2巡目
初出場 MLB / 2008年9月15日
KBO / 2012年4月12日
最終出場 KBO / 2012年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ミッチェル・R・タルボット(Mitchell R. Talbot, 1983年10月17日 - )は、アメリカ合衆国ユタ州出身の右投右打の投手

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2002年のMLBドラフトヒューストン・アストロズに2巡目(全体70位)で指名され入団。

レイズ時代[編集]

2006年は、7月12日に、ベン・ゾブリストと共に、オーブリー・ハフとのトレードで、タンパベイ・デビルレイズへ移籍した。最終的に、AAで主に先発として10試合に登板。4勝3敗、防御率1.90の好成績を残した。

2007年は、開幕40人ロースター入りを果たした。しかし、この年はメジャーリーグでの登板機会は与えられなかった。

2008年9月15日にメジャーデビューを果たした。

インディアンス時代[編集]

2009年12月1日ケリー・ショパックとのトレードでクリーブランド・インディアンスに移籍。

2010年は先発として活躍し10勝をあげた。

2011年は、7月31日にウバルト・ヒメネスの加入に伴ってDFAとなった。8月5日に、傘下AAAのコロンバス・クリッパーズへ降格となった。9月24日に、再昇格を果たした。最終的に、2勝止まりでインディアンス傘下AAA級マイナーリーグでも多数登板した。シーズン終了後の、10月18日に、傘下AAAクリッパーズへ降格した。10月20日に、FAとなった。

三星ライオンズ時代[編集]

2011年12月1日に、韓国プロ野球の三星ライオンズと契約を結んだ。

2012年は、14勝を記録し、韓国シリーズ優勝に貢献した。しかし肘の故障などもあり、同年限りで退団となった。

マーリンズ傘下時代[編集]

2013年マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだが、故障でマイナーリーグでも3試合しか登板できず、8月12日解雇された。

メッツ傘下時代[編集]

2013年8月20日、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。

メッツ傘下時代[編集]

2013年8月20日、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 TB 3 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 54 9.2 16 3 11 0 1 5 1 0 12 12 11.17 2.79
2010 CLE 28 28 1 0 0 10 13 0 0 .435 696 159.1 169 13 69 2 8 88 3 1 88 78 4.41 1.49
2011 12 12 0 0 0 2 6 0 0 .250 299 63.2 90 10 28 2 3 36 1 0 47 47 6.64 1.85
2012 三星 25 25 0 0 0 14 3 0 0 .824 584 138.1 136 8 54 1 5 68 8 4 63 61 3.97 1.37
2014 Lamigo 6 6 0 0 0 3 3 0 0 .500 144 34.2 33 0 8 0 0 30 2 0 13 10 2.60 1.18
MLB:3年 43 41 1 0 0 12 19 0 0 .387 1049 232.2 275 26 108 4 12 129 5 1 147 137 5.30 1.65
KBO:1年 25 25 0 0 0 14 3 0 0 .824 584 138.1 136 8 54 1 5 68 8 4 63 61 3.97 1.37
CPBL:1年 6 6 0 0 0 3 3 0 0 .500 144 34.2 33 0 8 0 0 30 2 0 13 10 2.60 1.18
  • 2014年度シーズン終了時

外部リンク[編集]