ミス・コリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミス・コリア(みす・こりあ・: Miss Korea)は韓国を代表するミス・コンテストであり、韓国日報に拠って1957年から毎主催されている。

上位入賞者は、その順位に因って、ミス・ユニバースミス・アース及びミス・ワールドミス・インターナショナルなどの各国際大会韓国代表としての権利を得る。なお、1980年ミス・コリアミス・ユニバースのプレ大会の位置付けとして開催された。

実態[編集]

韓国国民マスコミの関心が非常に高く、ゴールデンタイムテレビジョン放送されるなど国民的行事となっている。韓国全土の各地区代表のミス(優勝者及び準優勝者)を集結させて大々的に行われていて、非常に「ハイレベルな」大会となっている。近より海外の同胞代表のミスまでも集結させるようになった為に同じ年に日本代表に応募していた在日韓国・朝鮮人(特別永住者)が韓国代表としても出場していたという不正も起きている。

嘗ては、文化放送KBSで放送されたが、出場者の整形や審査員の買収などが度々報道されて権威が失墜し、2002年より地上波での放送が無くなった。それ以後は、ケーブルテレビ放送されている。「疑惑の百貨店」[1]との批判が絶えず、廃止も議論されている。

なお、ミス・コリアとしては、1988年にはミス・ワールド及びミス・ユニバースチャン・ユンジョンが第2位を受賞し、2007年にはイ・ハニミス・ユニバースで第4位を受賞した。しかし、世界大会での優勝経験は未だに無い。

不正[編集]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 日本では、鈴木宗男が「疑惑のデパート」・「疑惑の総合商社」と批判の槍玉に挙げられた事が有る。
  2. ^ “ミスコリアのキム・ユミ、整形を認める 「欺く考えはなかった」”. 中央日報. (2012年7月18日). http://japanese.joins.com/article/807/155807.html 
  3. ^ 加藤達也 (2013年11月6日). “疑惑だらけの「ミス・コリア」 真・善・美、金で買える?”. 産経新聞社. http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/131106/wor13110611270011-n1.html 
  4. ^ “ミス・コリアの候補者母親、「従業員が賄賂を要求」と暴露=主催側は公平をアピール-中国メディア”. レコード・チャイナ. (2013年10月22日). http://www.recordchina.co.jp/a78177.html 
  5. ^ “海外メディア「ミスコリア候補の顔、みんな同じ」”. 中央日報. (2013年4月27日). http://japanese.joins.com/article/979/170979.html 
  6. ^ “「ミス・コリア」候補者たちのスッピン写真公開、実は「全員同じ顔」ではなかった-中国メディア”. 新華社. (2013年10月28日). http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/363545/