ミス・コリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミス・コリア(Miss Korea)は韓国日報が主催する韓国を代表するミス・コンテスト

概要[編集]

大会は1957年に第1回大会が行われた。韓国全土の各地区代表のミス(優勝者及び準優勝者)を集結させて大々的に行われる為、非常にハイレベルな大会となっている。近年より海外の同胞代表のミスまでも集結させるようになった為、同じ年に日本代表に応募していた特別永住者(在日韓国・朝鮮人の項目参照)が韓国代表としても出場していたという事も起きている。また、国民やマスコミの関心も非常に高く、ゴールデンタイムにテレビ放映されるなど国民的一大行事となっている。 最終的に選抜された上位からミス・ユニバースミス・ワールドミス・インターナショナルミス・アースなどの各国際大会の韓国代表としての権利を得る事になる。1980年のミス・コリアはミス・ユニバース世界大会のプレ大会の位置づけとして開催された。

1988年にはミス・ワールドミス・ユニバースチャン・ユンジョンが第2位を受賞し、2007年にはイ・ハニミス・ユニバース2007で第4位を受賞した。しかし世界大会での優勝経験は未だにない。

かつては文化放送KBSで放送されたが、出場者の整形や審査員の買収などが度々報道され権威が失墜し2002年より地上波での放送が無くなった。以後はケーブルテレビで放送されている[1]。「疑惑の百貨店」との批判が絶えず、廃止も議論されている[1]

不祥事[編集]

  • 2012年のミスコリアであるキム・ユミは整形手術を受けたことを認めた[2]。また同年での選考では、審査員買収疑惑も報じられた[1]、主催者の新聞社は買収工作が行われたにも関わらず最終選考に該当者が残らなかったのは選考が適正になされている証拠であるとして買収疑惑を否定しなかった[1]。また金を受け取った幹部を懲戒解雇処分している[1][3]。賄賂は2000万ウォンが要求され、家族は主催団体の子会社の銀行口座に審査員2人の名義で4000万ウォンを送金したが、娘は最終選考にも残らず返金もされていないとされる[3]
  • 2013年のミスコリア候補者20人の写真が全員同じような顔で、整形手術のせいだと話題になったが[4]、同じ顔に見える原因は整形手術ではなく化粧の影響のためとする報道もあった[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 疑惑だらけの「ミス・コリア」 真・善・美、金で買える?産経新聞 2013年11月6日(水)12時0分配信
  2. ^ ミスコリアのキム・ユミ、整形を認める「欺く考えはなかった」 中央日報日本語版 2012年07月18日
  3. ^ a b ミス・コリアの候補者母親、「従業員が賄賂を要求」と暴露=主催側は公平をアピール―中国メディア Record China 2013年10月22日(火)14時5分配信
  4. ^ 海外メディア「ミスコリア候補の顔、みんな同じ 中央日報日本語版 2013年04月27日
  5. ^ 「ミス・コリア」候補者たちのスッピン写真公開、実は「全員同じ顔」ではなかった―中国メディア XINHUA.JP 2013年10月28日(月)0時23分配信

外部リンク[編集]