ミス・アース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミス・アース
標語 Beauties for a Cause
設立年 2001年
種類 ミス・コンテスト
本部 フィリピンの旗 フィリピン マニラ
公用語 英語
President Ramon Monzon
重要人物 Lorraine Schuck
ウェブサイト www.missearth.tv
テンプレートを表示

ミス・アース(Miss Earth)は2001年フィリピンで第1回大会が行われて以来、毎年開催されている世界を代表するミス・コンテスト[1][2]

概要[編集]

大会を主催するのは、キャロセル・プロダクション。地球環境問題を訴える美女たちのコンテストは毎年11月に行われる。最近はミス・ワールドミス・ユニバースミス・インターナショナルと並ぶ世界4大ミス・コンテストのひとつにも挙げられる[3]。テレビ中継はABS-CBNザ・フィリピノ・チャンネルSTARで放送される。また、キャロセル・プロダクションは国内大会のミス・フィリピン・アースも運営している。最近になって、参加国も90カ国以上となり、ミス・ユニバースの参加国(2006年の86カ国・地域)を超え世界を代表するミスコンに成長した。

また、大会の順位には、優勝のミス・アースのほかに、第2位のミス・エア(空)、第3位のミス・ウォーター(水)、第4位のミス・ファイヤー(火)がある。これらも、大会名の「ミス・アース」に由来した地球環境保全と地球が持つ空気と水と火(炎)のエネルギーの大切さを訴えたものとなっている。

歴代のミス・アース[編集]

ミス・アース 国・地域 開催地 会場
2001年 カテリナ・スベンソン デンマークの旗 デンマーク ケソンシティ フィリピン大学劇場
2002年 ジャラ・グラボビッチ(剥奪) ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ ケソンシティ フィリピン文化センター
ウィンフレッド・オムワカウェ ケニアの旗 ケニア
2003年 ダニア・プリンス ホンジュラスの旗 ホンジュラス ケソンシティ フィリピン大学劇場
2004年 プリシラ・メイレレス ブラジルの旗 ブラジル ケソンシティ フィリピン大学劇場
2005年 アレクサンドラ・ブラウン ベネズエラの旗 ベネズエラ ケソンシティ フィリピン大学劇場
2006年 ヒル・ヘルナンデス チリの旗 チリ マニラ フィリピン人博物館
2007年 ジェシカ・トリスコ カナダの旗 カナダ ケソンシティ フィリピン大学劇場
2008年 カーラ・ヘンリー フィリピンの旗 フィリピン パンパンガ州 クラーク・エキスポ・アンフィシアター
2009年 ラリッサ・ラモス ブラジルの旗 ブラジル ボラカイ島 ボラカイ・コンベンションセンター
2010年 ニコール・ファミア インドの旗 インド ベトナムニャチャン ビンパールランド
2011年 オルガ・アラバ エクアドルの旗 エクアドル ケソンシティ フィリピン大学劇場
2012年 テレザ・フレボフスカ チェコの旗 チェコ アラバン ヴェルサイユ・フィリピン
2013年 アリス・ヘンリッチ ベネズエラの旗 ベネズエラ アラバン ヴェルサイユ・フィリピン

優勝者出身国[編集]

2013年現在

優勝回数
2 ブラジルベネズエラ
1 デンマークケニアホンジュラスチリカナダフィリピンインドエクアドルチェコ

近年のミス・アース[編集]

歴代のミス・アース 日本代表[編集]

  • 2010年 岸良真利奈 - 総合TOP7 タレントコンペティション入賞 ナショナルコスチューム優勝
  • 2011年 前田智子
  • 2012年 野田萌 (MEGUMI) - 総合TOP16入り
  • 2013年 堀川優
  • 2014年 永田怜奈[4]

その他の著名受賞者[編集]

  • 2011年
    • 渡辺志穂(元AKB48。ミス・アースジャパン選考会で準ミスの最高位「ミス・エアジャパン」を受賞)
    • 吉松育美(ミス・アースジャパン選考会で3位「ミス・ウォータージャパン」を受賞、その後2012年ミス・インターナショナル日本代表に選出され世界大会でも優勝)
    • 田辺岬(ミス・アースジャパン選考会で「JOYSOUND賞」を受賞)
    • 高野人母美(現プロボクサー。ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)
    • 粕谷奈美(現女優。ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)
  • 2012年
    • 篠崎彩音(ミス・アースジャパン選考会で「旅工房賞」を受賞)
    • 広瀬彩香(ミス・アースジャパン選考会で準ミスの最高位「ミス・エアジャパン」を受賞)
  • 2013年
    • 吉田有希(ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)
  • 2014年
    • つのだ香澄(ミス・アースジャパン選考会で4位「ミス・ファイアージャパン」を受賞)[4]
    • 西村優奈(ミス・アースジャパン選考会で「JOYSOUND賞」を受賞)[4]
    • 田中梨乃(ミス・アースジャパン選考会でファイナリスト)[5]

脚注[編集]

  1. ^ Schuck, Lorraine (2006年10月12日). “About Miss Earth Beauty Pageant”. Miss Earth official website, Carousel Productions, Inc. オリジナル2008年2月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080224140925/http://www.missearth.tv/about.html 2008年8月2日閲覧。 
  2. ^ Mallari, Perry Gil S. (2008年11月16日). “Beauties for the Earth”. The Sunday Times, The Manila Times Publishing Corporation. http://www.manilatimes.net/national/2008/nov/16/yehey/weekend/20081116week2.html 2009年1月2日閲覧。 
  3. ^ 2013ミス・アース・ジャパン決定 モデル10年目の24歳に栄冠”. モデルプレス. ネットネイティブ (2013年6月16日). 2013年7月4日閲覧。
  4. ^ a b c 2014ミス・アース・ジャパンが決定 埼玉出身の野球美女が栄冠”. モデルプレス (2014年6月14日). 2014年6月15日閲覧。
  5. ^ ありがとうございました”. 田中梨乃オフィシャルブログ (2014年6月15日). 2014年6月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]