ミスミソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミスミソウ
オーストリアのシュタイアーマルク州にて撮影
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: ミスミソウ属 Hepatica
: ミスミソウ H. nobilis Schreb.
学名
Hepatica nobilis
和名
ミスミソウ(三角草)
英名
kidneywort
liverwort

ミスミソウ(三角草、学名:Hepatica nobilis)とは、キンポウゲ科ミスミソウ属多年草の下でも常緑であることからユキワリソウ(雪割草)の名でも知られる。イチリンソウ属Anemone hepatica L.とされることもある。

特徴[編集]

北半球温帯に自生し、日本では本州の中部以西の山間地に多く生育する。葉は常緑で三角形に近く三つに分かれている。

花弁のように見えるのは萼片で、白、紫、ピンク色などがある。栽培も盛んで、八重咲きや覆輪花の品種も作出されている。

薬用[編集]

中世ヨーロッパでは、葉の形が肝臓を連想させることから肝臓の病気の治療に用いられた。現在ではにきび気管支炎痛風などの治療に用いられることがある。

主な変種[編集]

  • オオミスミソウ
  • スハマソウ など

外部リンク[編集]