ミスジアオイロウミウシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミスジアオイロウミウシ
Chromodoris lochi (AA1).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 腹足綱 Gastropoda
亜綱 : 直腹足亜綱 Orthogastropoda
上目 : 異鰓上目 Heterobranchia
: 後鰓目 Opisthobranchia
亜目 : 裸鰓亜目 Nudibranchia
上科 : ドーリス上科 Doridoidea
: イロウミウシ科 Chromodorididae
: コモンウミウシ属 Chromodoris
: C. lochi
学名
Chromodoris lochi (Rudman 1982)[1]
英名
Loch's Chromodoris

ミスジアオイロウミウシ学名: Chromodoris lochi)は、イロウミウシ科 (Chromodorididae) の色鮮やかなウミウシ(海生腹足類軟体動物)の一種である。

分布[編集]

本種は熱帯西太平洋で見られ、南半球グレート・バリア・リーフから北半球フィリピンまで分布ていることが知られている[2]

特徴[編集]

ミスジアオイロウミウシは、青あるいは青白い色をしており、通常3本の暗いあるいは黒の体に沿った縦線がある。個体は少なくとも全長34 mmに達する。この種の個体間ではある程度の差異があり、えら触角英語版の色は半透明の麦わら色からピンクおよび明るいオレンジ色まで様々である。

本種の外観はミゾレウミウシ (Chromodoris willani) やクロモドーリス・ボウケティ (Chromodoris boucheti)、ダイアナウミウシ (Chromodoris dianae) と非常によく似ており、見分けることは困難である。最も特徴的な要素は外套膜が単一の色であることと他の種には存在する白い斑点がないことである。

生態学[編集]

ミスジアオイロウミウシは、多くのウミウシと同様に、海綿を餌とする。

脚注[編集]

  1. ^ Rudman W. B. (1982). “The Chromodorididae (Opisthobranchia: Mollusca) of the Indo-West Pacific: Chromodoris quadricolor, C. lineolata and Hypselodoris nigrolineata colour groups”. Zoological Journal of the Linnean Society 76 (3): 183-241. doi:10.1111/j.1096-3642.1982.tb02182.x. 
  2. ^ Chromodoris lochi Rudman, 1982”. Sea Slug Forum. 2012年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]