ミジンコ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミジンコ科
オオミジンコ
オオミジンコ Daphnia magna
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 鰓脚綱 Branchiopoda
亜綱 : 葉脚亜綱 Phyllopoda
: 双殻目 Diplostraca
亜目 : 枝角亜目 Cladocera
下目 : 異脚下目 Anomopoda
: ミジンコ科 Daphniidae
オオミジンコ Daphnia magna

ミジンコ科(ミジンコか)は、節足動物門 甲殻亜門 鰓脚綱 枝角目 異脚下目に属する分類の名称である。

特徴[編集]

いわゆる典型的なミジンコである。甲殻は体全体を包んで、多少とも左右から扁平。頭部の口の上には吻がはっきりとしているのが普通。第一触角は短く、吻の陰にあってめだたない。第二触角は二叉しており、外枝は4節、内枝は3節有り、それぞれ5、4本の遊泳剛毛を持つ。

消化管は口から肛門まで素直に伸び、途中で回曲することがない。また、前端近くに盲嚢がある。

分類[編集]

参考文献[編集]

  • 上野益三編監修、『日本淡水生物学』、(1973)、図鑑の北隆館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]