ミシュコルツ・ティサ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシュコルツ・ティサ駅

ミシュコルツ・ティサ駅(Tiszai pályaudvar)は、ハンガリー国鉄の鉄道駅。正式な呼称は単にティサ駅。ミシュコルツと各地の主要都市を結んでいる。名の由来は建設会社によるもので、ティサ川に近いわけではない。

歴史[編集]

1830年代より鉄道駅の建設計画はあったが、1848年革命などの動乱が続いたために建設が延期され、1859年に開業した。1860年にはコシツェ(現在はスロヴァキア領)にまで路線が通じ、1870年にはペシュト(現在のブダペシュトの一部)と結ばれた。第二次世界大戦中には、アメリカ空軍の爆撃を受けた。

交通[編集]

ブダペシュトへICで約2時間。デブレツェンまで約2時間半。また、スロヴァキアコシツェにも約2時間半程度。

外部リンク[編集]