ミシマサイコ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシマサイコ属
Bupleurum longiradiatum.var. elatius 2.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ミシマサイコ属[1]

またはホタルサイコ属[2]
Bupleurum [2][1]

学名
Bupleurum L. [3]
タイプ種
Bupleurum rotundifolium L. [3]
ツキヌキサイコ
  • 本文参照

ミシマサイコ属(三島柴胡属、Bupleurum[1]あるいはホタルサイコ属[2]セリ科の一つ。

特徴[編集]

一年草越年草または多年草。全体が無毛では分枝する。は単葉で、葉脈は平行脈状になるものが多く、縁は全縁になる。は複散形花序になり、花弁はふつう黄色で、緑色または紅紫色になるものがあるが、白色はない。

世界に185-195種知られている。日本では次の4種が知られているほか、帰化種、栽培種がある。

[編集]

日本の種[編集]

  • ミシマサイコ Bupleurum scorzonerifolium Willd.
    • イキノサイコ B. scorzonerifolium Willd. var. obvallatum Nakai
  • ホタルサイコ B. longiradiatum Turcz. var. elatius (Koso-Pol.) Kitag.
    • エゾホタルサイコ B. longiradiatum Turcz. var. sachalinense (F.Schmidt) H.Boissieu
    • コガネサイコ B. longiradiatum Turcz. var. shikotanense (M.Hiroe) Ohwi
    • オオホタルサイコ B. longiradiatum Turcz. var. longiradiatum
  • ハクサンサイコ B. nipponicum Koso-Pol.
    • シナノサイコ B. nipponicum Koso-Pol. f. stenolepis Kitag.
    • エゾサイコ B. nipponicum Koso-Pol. var. yesoense (Nakai ex H.Hara) H.Hara
  • レブンサイコ B. ajanense (Regel) Krasnob. ex T.Yamaz.

帰化、園芸種[編集]

  • ホソバノミシマサイコ B. angustissimum (Franch.) Kitag.
  • タイゲキサイコ B. euphorbioides Nakai
  • クルマバサイコ B. fontannesii Guss. ex Caruel
  • ニセツキヌキサイコ B. lancifolium Hornem.
  • ツキヌキサイコ B. rotundifolium L.

ギャラリー[編集]

Bupleurum gibraltaicum
Museum specimen 

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ a b c 大場秀章(編著) 『植物分類表』 アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  2. ^ a b c 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  3. ^ a b Missouri Botanical Garden. “Bupleurum L.”. Tropicos. 2012年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]