ミシェル・バストス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・バストス Football pictogram.svg
Michel Bastos 2013-06-29.jpg
名前
本名 Michel Fernandes Bastos
カタカナ ミシェル・フェルナンデス・バストス
ラテン文字 Michel BASTOS
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
生年月日 1983年8月2日(31歳)
出身地 ペロタス
身長 179cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 サンパウロFC
ポジション DF (LSB) / MF (LSH) / FW (LWG)
背番号 7
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003
2002-2003
2003-2005
2004-2005
2005
2005-2006
2006-2009
2009-2013
2013
2013-
2014
2014-
オランダの旗 フェイエノールト
オランダの旗 エクセルシオール (Loan)
ブラジルの旗 アトレチコPR
ブラジルの旗 グレミオ (Loan)
ブラジルの旗 フィゲイレンセ
ブラジルの旗 アトレチコPR
フランスの旗 リール
フランスの旗 リヨン
ドイツの旗 シャルケ (loan)
アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン
イタリアの旗 ローマ (loan)
ブラジルの旗 サンパウロFC
0 (0)
28 (0)
? (?)
19 (4)
34 (10)
? (?)
97 (25)
98 (26)
代表歴2
2009- ブラジルの旗 ブラジル 10 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年1月30日現在。
2. 2010年7月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミシェル・バストス(Michel Fernandes Bastos, 1983年8月2日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手サンパウロFC所属。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

フリーキックの名手であり、2008-09シーズンは前半戦だけで直接フリーキックから4得点している[1]

経歴[編集]

地元のECペロタスでサッカーを始め、若くして天才と呼ばれた彼は18歳でオランダのフェイエノールトに渡った。リザーブチームでトップ昇格の機会を窺ったが、トップチームでは試合に出場できなかった。2002-03シーズンはエールディヴィジに昇格したエクセルシオール・ロッテルダムにレンタル移籍して28試合に出場したが、シーズン終了後にはブラジルに舞い戻った。2005年にフィゲイレンセで二桁得点を挙げたことから再び注目されるようになり、2006年にフランスのLOSCリール・メトロポールに移籍した。

2006-07シーズン開幕戦のスタッド・レンヌ戦でデビューし、65分間プレーした[2]。初得点はRCランスとのダービーマッチで、このシーズンは3得点した。2007-08シーズンはスタッド・レンヌ戦、オリンピック・リヨン戦、FCロリアン戦での貴重な得点を含む8得点を挙げ、7位でのフィニッシュに貢献した。左サイドバックから左ウイングにコンバートされたのはこの頃だった。

リヨンでプレーするバストス

2008-09シーズンは2節のル・マンUC戦で初得点すると2週間後にはFCジロンダン・ボルドー戦で得点し[3]、その1週間後にはFCソショー戦でも得点した。このシーズンで特筆すべき得点は2-2と引き分けたリヨン戦での得点である[4]。左足で放たれた難しい角度からの30mのフリーキックは、グランダーで複雑な回転をしながら飛び、相手ゴールキーパーのウーゴ・ロリスでさえも止められなかった[5]。2008年11月11日からは絶好調の期間となり、マルセイユ戦、FCロリアン戦、トゥールーズ戦、OGCニース戦、ル・アーヴルAC戦で得点し、リールはこの5試合を2勝3分で乗り越えた。数週間後には再び連続得点の期間が始まり、得点した6試合すべてに勝利した。このシーズンは37試合に出場して14得点を記録し、アシスト数は9でランキング上位に名を連ねた。得点ランキングとアシストランキングの両方で5位以内にはいったのはリーグ・アンの歴史上初めての出来事だった。カップ戦も含めた通算では41試合16得点を記録した。チームは5位でUEFAカップ出場権を獲得した。リーグ・アンの年間最優秀選手候補にも選ばれた。

2009年7月15日、移籍金1800万ユーロ(約23億9000万円)の4年契約でリール時代の監督クロード・ピュエルが率いるリヨンへ移籍した[6]UEFAチャンピオンズリーグ本戦出場プレーオフ・アンデルレヒト戦1stレグで初得点した。5-1で勝利したこの試合で彼は3点目を決めた。8月29日、ASナンシー戦ではゴール前25mの位置から強烈なミドルシュートを叩き込んだ。チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのボルドー戦では決勝点を記録した。

2011-12シーズン前、ユヴェントスFCへの移籍の噂が上がるものの残留。2013年1月29日、ドイツ・ブンデスリーガシャルケ04に2014年のシーズン終了まで1年半の期限付きで移籍した[7]

2013年7月、アル・アインに移籍。2014年1月、SSCナポリへの移籍が濃厚だったが一転して、リール時代の恩師、リュディ・ガルシア率いるASローマに半年のレンタルで移籍決定[8]

代表歴[編集]

世代別代表を含めセレソンに選ばれた経験はなかったものの、2009年10月にA代表初招集を受けると、イングランドとの親善試合にフル出場し代表デビューを果たした。南アフリカW杯ブラジル代表にも選出され、大会前の親善試合・ジンバブエ戦で代表初ゴールを挙げた。本大会ではグループリーグ3試合と決勝トーナメント1回戦、準々決勝の全5試合に先発出場し、積極的なオーバーラップでチャンスを演出した。

所属クラブ[編集]

2002-2003 →オランダの旗 エクセルシオール・ロッテルダム (loan)
2004-2005 →ブラジルの旗 グレミオ (loan)
2013.1-2013.6 →ドイツの旗 シャルケ04 (loan)
2014.1-2014.8 →イタリアの旗 ASローマ (loan)
2014.8- →ブラジルの旗 サンパウロFC

タイトル[編集]

クラブ
フランスの旗 オリンピック・リヨン

脚注[編集]

  1. ^ footballista、ソルメディア、2009年12月31日-1月7日号、32頁
  2. ^ Ligue 1. “Rennes v. Lille”. 2009年9月4日閲覧。
  3. ^ Ligue 1. “Lille v. Bordeaux Match Report”. 2009年9月4日閲覧。
  4. ^ Ligue 1. “Lyon v. Lille Match Report”. 2009年9月4日閲覧。
  5. ^ fourfourtwo (2008年10月19日). “Lyon 2 - 2 Lille (動画あり)”. 2009年9月4日閲覧。
  6. ^ uefa.com (2009年7月15日). “バストスがリヨンへ移籍”. 2009年7月16日閲覧。
  7. ^ シャルケ04公式HP (2013年1月29日). “S04 leiht Michel Bastos von Olympique Lyon aus”. 2013年1月30日閲覧。
  8. ^ Goal (2013年1月21日). “M・バストスのローマ移籍が決定”. 2014年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]