ミシェル・スライマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・スライマーン
ميشال سليمان
Michel Suleiman.jpg

レバノンの旗 レバノン
第18代大統領
任期 2008年5月25日 – 2014年5月25日

出生 1948年11月21日(65歳)
レバノンの旗 レバノン山岳レバノン県アムシート
政党 無所属
配偶者 ワファ・スライマーン

ミシェル・スライマーン (アラビア語: ميشال سليمان‎,英語: Michel Suleiman 1948年11月21日 -) はレバノンの政治家。同国大統領などを務めた。スレイマンと表記する場合もある。

経歴[編集]

1948年山岳レバノン県アムシートで生まれる。1967年、19歳でレバノン軍に入隊し、同時にレバノン大学に入学し経営学政治学を学ぶ。在学中にワファ・スレイマーンと結婚し、3人の子をもうけている。また、アラビア語はもちろん、英語フランス語にも長けている。

レバノン軍時代[編集]

軍人時代の最終階級は司令官。後に陸軍学校でトレーナーとなり後輩の育成に当たる。

大統領[編集]

2008年、エミール・ラフードの任期満了に伴い、3月14日連合から大統領選挙立候補を打診される。3月8日連合はミシェル・アウン氏を動員したが、結局大差でスライマーンが当選。2008年5月28日に正式に第18代大統領に就任し、首相のフアード・シニオラを再任した。2014年5月25日に6年間の任期を終えた。


公職
先代:
フアード・シニオラ
(代行)
レバノンの旗 レバノン共和国大統領
第18代:2008 -
次代:
タンマーム・サラーム英語版
(代行)