ミシェル・ジャコビニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミシェル・ジャコビニMichel Giacobini, 1873年 - 1938年)はフランス天文学者

1900年ニース天文台で21P/ジャコビニ・ツィンナー彗星ジャコビニ流星群母天体)を発見。1907年、41P/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星を再発見。1910年からパリ天文台に勤務。

第一次世界大戦では志願兵として戦線に立つ。化学兵器の後遺症に苦しめられるも、戦後パリ天文台で天文観測活動を再開。

1937年に発見された小惑星1756番は、彼に因んでジャコビニと命名された。

関連項目[編集]