ミザリー・シグナルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミザリー・シグナルズ
Misery Signals
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州, ミルウォーキー
ジャンル メタルコア
メロディック・ハードコア
プログレッシヴ・メタル
活動期間 2003年 - 現在
メンバー Karl Schubach
Ryan Morgan
Branden Morgan
Gregory Thomas
Kyle Johnson
旧メンバー Jesse Zaraska
Jeff Aust
Stuart Ross
Kent Wren

ミザリー・シグナルズ (Misery Signals)はアメリカ合衆国メタルコアバンド変拍子やチャグを取り入れたリフブレイクダウンといった要素の中に、哀愁的なメロディを引き立たせたサウンドを特徴とし、「メタルコアの究極形」とも形容される。影響を受けたバンドのひとつにメシュガーを挙げている[1]

略歴[編集]

2002年に7エンジェルス・7プレイグスとCompromiseのメンバーによって結成される。当初、ヴォーカリストのJesseは両方のバンドに務めていたが、Compromiseのメンバーが事故に巻き込まれ、その内の2名が帰らぬ人となってしまった。その後バンド名を変え『ミザリー・シグナルス』が始動した。

2003年にEPをレコーディング。4度のアメリカ・ツアーの後、Ferret Music (en: Ferret Music)と契約し、デヴィン・タウンゼンドのプロデュースのもと、1stアルバム『Of Malice and the Magnum Heart』を発表。このタイトルはCompromiseのメンバーが遺した詩からつけたという。

2005年にエクストリーム・ザ・ドージョーで初来日を果たす。その後Jesseが脱退し、オーディションによってKarl Schubachが選ばれ、2ndアルバムよりボーカルを務める。[2]

2008年には再びデヴィンをプロデューサーに迎え、3rdアルバム『Controller』を発表。改めて洗練された感情表現を目指した[3]

2009年のパンクスプリングで再来日。

2014年には1stアルバム発売から10周年を記念して"Malice X Tour"を行うことを発表。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • ボーカル : Karl Schubach (2006年 - 現在)
  • ギター : Ryan Morgan (2002年 - 現在)
  • ギター : Gregory Thomas (2011年 - 現在)
  • ベース : Kyle Johnson (2002年 - 2010年、2013年 - 現在)
  • ドラム : Branden Morgan (2003年 - 現在)

旧メンバー[編集]

  • ボーカル : Jesse Zaraska (2002年 - 2006年)
  • ギター : Jeff Aust (2002年)
  • ギター : Stu Ross (2002年 - 2010年)
  • ベース : Kent Wren (2011年 - 2013年)
  • ドラム : Scott Vogel (2002年 - 2003年)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Misery Signals - EPでリリース (2003年)
  • Of Malice and the Magnum Heart (2004年)
  • Mirrors (2006年)
  • Controller (2008年)
  • Absent Light (2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]