ミサ・ルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミサ・ルバMissa Luba)は、ラテン語ミサ曲コンゴの少年合唱団『Les Troubadours du Roi Baudouin(ボードワン王の吟遊詩人)』用に編曲したその曲名。トラディッショナル・ソングの形式に基づく演奏は、即興性が高い。また、『サンクトゥス』はキルバの別れの歌に基づいている。1965年フィリップス・レーベルからリリース。シングル・カットされた『サンクトゥスとベネディクトゥス』は、長い間UKチャートにランクインし続けた。後に別ヴァージョンも作られたが、オリジナル・ヴァージョンとは歌い手が異なる。最近まで2枚とも探すのが困難だったが、2004年にフィリップスがオリジナル・ヴァージョンをCDで再発。後者もDVDに映像特典として付けられた。このCDには『ミサ・クリオージャ』と『ミサ・フラメンカ』も収録されている。

『サンクトゥス』は1968年に映画『If もしも....』で、また『グロリア』はピエル・パオロ・パゾリーニ監督の映画『奇跡の丘』の中に使われた。

背景(オリジナル版のスリーヴ・ノートから)[編集]

外部リンク[編集]