ミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタード
Miguel de la Madrid Hurtado
De la madrid1.jpg

任期 1982年12月1日1988年11月30日

出生 1934年12月12日
メキシコの旗 メキシココリマ州コリマ
死去 2012年4月1日(満77歳没)
メキシコの旗 メキシコメキシコシティ

ミゲル・デ・ラ・マドリ・ウルタードMiguel de la Madrid Hurtado, 1934年12月12日 - 2012年4月1日)はメキシコ政治家1982年から1988年までメキシコ大統領をつとめた。

プロフィール[編集]

1934年12月12日、コリマ州の州都コリマで生まれる。メキシコシティーに移り、初等・中等教育を受けたあと、1957年メキシコ大学を卒業。『1857年憲法における経済思想』で法学士号を取得する。1953年メキシコ国立外国貿易銀行に入り、法務部門で勤務した。1960年弁護士となる。メキシコ銀行(中央銀行)経営顧問となる。

1963年制度的革命党(PRI)に入党。1964年から1965年までアメリカハーバード大学大学院に留学し、行政学修士号を取得した。帰国し、大蔵省に入省。大蔵省信用部副部長となる。1970年にメキシコ石油公社に移り、財務部副部長をつとめる。1972年大蔵省に復帰し、信用部長を経て1975年10月大蔵次官に就任する。1979年5月、企画予算相に就任。有能なテクノクラートとしてメキシコの経済・財政に辣腕を振るう。

ホセ・ロペス・ポルティーヨ大統領の任期切れに伴い、与党制度的革命党の大統領候補となる。1982年12月1日に大統領に就任。1987年11月にメキシコシティに開業したホテル・ニッコー・メヒコに、ファミリー企業が51%出資した。1988年カルロス・サリナス・デ・ゴルタリに大統領職を譲り辞任。

2012年4月1日、死去[1]。肺気腫を患い、3か月間入院していたという。77歳没。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
公職
先代:
ホセ・ロペス・ポルティーヨ
メキシコの旗 メキシコ合衆国大統領
第52代:1982 - 1988
次代:
カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ