ミケーレ・マスチッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミケーレ・マスチッティ

ミケーレ・マスチッティ(Michele Mascitti, 1664年 - 1760年4月19日)は、イタリア作曲家ヴァイオリニスト

生涯[編集]

ヴィッラ・サンタ・マリーア出身。叔父の作曲家のピエトロ・マルキテッリから教育を受け、ナポリの宮廷楽団やサン・バルトロメオ劇場でヴァイオリニストとして活動した[1]。その後イタリアオランダドイツの各地を旅し、ピエトロ・オットボーニ枢機卿やバイエルン選帝侯に庇護を得た。最終的に1704年からパリに定住し、1739年フランスに帰化して名をフランス風にミシェルと改めた。フランスではオルレアン公フィリップの支援で、ヴェルサイユ宮殿で演奏活動を行った。

出版された作品はすべてフランス時代のものである。作風はイタリア風とフランス風の要素を融合したもので、豊かなハーモニーが特徴である。

作品[編集]

  • 6つのヴァイオリン・ソナタと6つのトリオ・ソナタ Op.1(1704)
  • 15のヴァイオリンと通奏低音のための室内ソナタ Op.2(1706)
  • 8つのヴァイオリン・ソナタと6つのトリオ・ソナタ Op.4(1711)
  • 12のソナタ Op.5(1714)
  • 15のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.6(1722)
  • 12のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.8(1731)
  • 12のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ Op.9(1738)

脚注[編集]

  1. ^ アルカンジェロ・コレッリに師事したという説もある。

外部リンク[編集]