ミクーリン AM-42

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミクーリン AM-42

ミクーリン AM-42ロシア語: Микулин АМ-42)とは、第二次世界大戦中の1940年代ソビエト連邦ミクーリン設計局で開発された航空機用レシプロエンジンである。同局が手掛けたAM-38Fをベースとして出力を向上させたもので、イリューシン Il-1戦闘機や、Il-8Il-10 対地攻撃機に搭載された。

エンジンは液冷V型12気筒の構造を持ち、排気量47リットルで2000馬力程度の出力を発揮した。

諸元[編集]

AM-42[編集]

  • タイプ: 液冷60度V型12気筒
  • ボア×ストローク: 160 mm × 190 mm
  • 排気量: 46.66 L
  • 乾燥重量: 996 kg
  • 圧縮比: 5.5
  • 過給機: 遠心式スーパーチャージャー
  • 出力: 2000 hp / 2500 rpm
  • 比出力: 42.9 hp/L
  • 出力重量比: 2.00 hp/kg

参考文献[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9