ミカ・ワルタリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカ・ワルタリ
Mika Waltari
Mika Waltari.jpg
壮年期のミカ・ワルタリ
誕生 Mika Toimi Waltari
1908年9月19日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国
ウーシマー州 ヘルシンキ
死没 1979年8月26日(満70歳没)
フィンランドの旗 フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
職業 作家
言語 フィンランド語
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
教育 名誉博士号 (トゥルク大学)
最終学歴 ヘルシンキ大学
活動期間 1925年-?
ジャンル 歴史小説
推理小説
戯曲
脚本
ノンフィクション
批評
書評
コラム
文学活動 Tulenkantajat
代表作 Sinuhe egyptiläinen
処女作 Suuri illusioni
子供 サトゥ・ワルタリ
テンプレートを表示

ミカ・ワルタリ(Mika Toimi Waltari, 1908年9月19日 - 1979年8月26日)は、フィンランドの作家。歴史小説『エジプト人』でよく知られている。

ワルタリは、ヘルシンキに生まれ、5歳でルター派の宣教師であった父親に死別。子ども時代、ヘルシンキでフィンランド内戦の目撃者となった。後に、母親の希望によりヘルシンキ大学の神学部に入学するが、間もなく、哲学、美学、そして文学を学ぶため、神学を捨て、1929年に卒業している。

学生時代、彼は様々な雑誌に寄稿し、詩や物語を執筆し、最初の小説は1925年に刊行された。1927年彼はパリに行き、そこで最初の小説“Suuri illusioni”(“The Grand Illusion” ― 遥かなる私の想い)を執筆した。これはボヘミアンの生活を描いたもので、アメリカの「失われた世代」の作家のフィンランド版のような作品になっている。彼は、しばらくの間、自由主義の文学運動Tulenkantajatの一員であった。しかし、彼の政治的社会的な見方は、後にかなり右寄りにシフトしていく。彼は、1931年に結婚し、1人の娘サトゥを得る。彼女ものちに作家になった。

1930年代、40年代を通して、彼はジャーナリスト、批評家としてとりつかれたかのように働き、新聞雑誌に執筆する傍ら、取材のためにヨーロッパ中を旅した。同時に彼は、数多くのジャンルの本を、文学から他のジャンルにいとも易々とそのジャンルをまたにかけて執筆した。

彼のハードな仕事ぶりから、不眠症うつ病に苦しみ、往々にして入院治療の必要な程にまでなった。彼は文学的な競作にも、自らの作品の質を批評家に実証してみせるという意図もあって、積極的に参加し、しばしばそれに勝利して見せた。こうした文学的なコンテストの1つが、彼の作品の中での人気キャラクターの1人である、パルム警部誕生のきっかけになった。もっぱら歴史小説で知られるワルタリだが、実は推理小説も書き、ヘルシンキ警察のいささかぶっきら棒で無愛想なパルム警部が主人公で、3作に登場し、その作品は何度か映画化されている。 ワルタリは人気のカートゥーンの“Kieku ja Kaiku”の脚本や“Kalle Päätalo”など作家を目指す若者たちのためのガイドブックも書いている。

冬戦争継続戦争の間、ワルタリは政府の情報本部で働き、その文学的な才能を政治的な宣伝でも役立てた。1945年、ワルタリの最初にして最も成功した小説『エジプト人』が出版された。人道主義的な価値観が唯物論に堕落していくというテーマは、まさに第二次世界大戦の余韻を漂わせたもので、この本は間もなく世界的なベストセラーとなり、1954年にはハリウッド映画の原作にもなった。ワルタリはその後7作の、様々な古代の文化に取材した歴史的な長編小説を執筆した。その中でも、ビザンチン帝国を舞台にした“The Dark Angel”が、恐らく最も成功した作品と言われている。これらの作品で、特にローマ帝国を主題にした2作では、キリスト教の信仰に彼のペシミズムが色濃く反映されている。

戦後、彼はさらに数多くの小説を執筆し、その内には推理小説も含まれる。1957年、フィンランド学士院の会員に選ばれ、1970年にはトゥルク大学から名誉博士号を授与された。

ワルタリは、フィンランドの最も執筆量の多い作家の1人であった。彼は、29冊の長編小説と15の中編小説、6冊の短編集及び妖精物語、そして、26の戯曲を書いたが、そのほかにも映画の脚本、ラジオドラマ、ノンフィクション、翻訳、そして数百の書評やコラムを書いている。彼は国際的に最もよく知られたフィンランドの作家で、30ヵ国の言語に翻訳されている。

英語に翻訳された著作[編集]

小説

  • A Stranger Came to the Farm (Vieras mies tuli taloon, 1937)
  • The Egyptian (Sinuhe egyptiläinen, 1945)
    エジプト人』、飯島淳秀訳、平凡社 1958年、改訂版角川文庫全3巻、『ミイラ医師シヌへ』、木原悦子訳、小学館
  • The Adventurer (Mikael Karvajalka, 1948)
  • A Nail Merchant at Nightfall (Neljä päivänlaskua, 1949)
  • The Wanderer (Mikael Hakim, 1949)
  • The Dark Angel (Johannes Angelos, 1952)
  • The Etruscan (Turms kuolematon, 1955)
  • The Secret of the Kingdom (Valtakunnan salaisuus, 1959)
  • The Roman (Ihmiskunnan viholliset, 1964)

短編小説

  • Moonscape (Kuun maisema, 1953)
  • The Tree of Dreams (Koiranheisipuu, 1961)

外部リンク[編集]