ミカンキイロアザミウマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカンキイロアザミウマ
Frankliniella occidentalis 5364132-LGPT.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: アザミウマ目 Thysanoptera
: アザミウマ科 Thripidae
: Frankliniella
: ミカンキイロアザミウマ F. occidentalis
学名
Frankliniella occidentalis
Pergande, 1895
英名
western flower thrips

ミカンキイロアザミウマ(学名:Frankliniella occidentalis)は、アザミウマ目・アザミウマ科に分類される昆虫の一種。

分布[編集]

アメリカ合衆国西部を原産地とする[1]

北アメリカ南アメリカ、西ヨーロッパアジアオセアニアなどに移入分布する[1]。日本には1990年に侵入し、千葉県埼玉県に定着している[1][2]

特徴[編集]

体長は雌で1.4-1.7mm、雄で1.0-1.2mm[2]。体色は橙黄色。

植物体から吸汁したり、病気を媒介するため、農業害虫として嫌われている[1]

日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-Xp.142
  2. ^ a b ミカンキイロアザミウマ 国立環境研究所 侵入生物DB