ミカエル・スタンネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル・スタンネ
Mikael Stanne
2007年
2007年
基本情報
出生名 Bengt Mikael Stanne[1]
出生 1974年5月20日(39歳)
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ
ジャンル メロディックデスメタル
職業 ボーカリスト
ギタリスト
作詞家
作曲家
担当楽器
ギター
活動期間 1989年 -
共同作業者 ダーク・トランキュリティ
ハンマーフォール
Septic Broiler
イン・フレイムス
ソリューション .45

ミカエル・スタンネ (Bengt Mikael Stanne1974年5月20日 - )は、スウェーデンイェーテボリ出身のヘヴィメタルミュージシャンダーク・トランキュリティボーカリストとして著名。また、イン・フレイムスハンマーフォールにも短期間参加していた。

略歴[編集]

ダーク・トランキュリティ[編集]

1988年Septic Broilerニクラス・スンディンらと共に結成。当初はアンダース・フリーデンボーカリストで、リズムギターを担当していた。Septic Broilerは1990年ダーク・トランキュリティ (Dark Tranquillity)に名前を変更する。ダーク・トランキュリティは、1993年に1stアルバム『Skydancer』でデビューするが、それから間もなくボーカリストのアンダースが音楽的意見の相違を理由に脱退したため、ミカエルがリードボーカルに転向し、ギタリストにフレドリック・ヨハンソンが加入する。以降、ダーク・トランキュリティのボーカリストとして活躍する。ダークトランキュリティ活動初期の『The Gallery』や『The Mind's I』発表当時、ミカエルの歌声は「世界一美しいデスヴォイス」と賞賛されていた。

しかし、『The Mind's I』発表後、喉を痛めて思うように歌えなくなってしまった。そのため、『Projector』ではデスヴォイスのパートを減らし、クリーンボーカルを導入して、音楽性も耽美的な方向へと変化させた。この時期には、デスヴォイスを完全に封印し、バンドの音楽性を大きく転換するという話も出ていた。しかし、次アルバム『Haven』で初期とは発声を変えることでデスヴォイスを復活させることに成功し、以降もデスヴォイスでのボーカルを続けている。

サイド・プロジェクト[編集]

1993年に結成されたハンマーフォールでは、結成時からボーカリストとして参加。しかし、ダーク・トランキュリティの活動で多忙のため、1996年に脱退している。

その他[編集]

同じくイェーテボリ出身のメロディックデスメタルバンドイン・フレイムスの1stアルバム『Lunar Strain』に参加。メインボーカルを執ったが、ミカエルは公式にイン・フレイムスのボーカリストになったわけではなく、セッションで参加しただけである。

2005年には、ナイトレイジの2ndアルバム『Descent Into Chaos』に参加。通常とは違い、クリーンボーカルで参加している。2008年にはScar of the Sunの1曲にゲストで参加した。2010年には、ソリューション .45のデビューアルバム『For Aeons Past』の楽曲への作詞を行う。また、同アルバムにゲストボーカルとしても参加した。同年は、インソムニウムの楽曲にもボーカルとして参加している。2011年には、Mourning Caressの楽曲にも参加した。

ディスコグラフィ[編集]

ダーク・トランキュリティ[編集]

アルバム
シングル
ベストアルバム
コンピレーション
  • 1994年 V.A. / Metal Militia - A Tribute To Metallica
  • 1995年 V.A. / W.A.R. Compilation Vol.1
  • 2002年 V.A. / A Tribute Of The Beast
ビデオ

イン・フレイムス[編集]

アルバム

脚注[編集]

  1. ^ Bengt Mikael Stanne (1974年5月20日). “Ratsit - Gratis upplysning pЕ fЖretag och privatpersoner”. Ratsit.se. 2012年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]