ミウの歌〜Love of Siam〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミウの歌〜Love of Siam〜
รักแห่งสยาม
監督 チューキアット・サックウィーラクン
脚本 チューキアット・サックウィーラクン
製作 プラッチャヤー・ピンゲーオ
スカンヤー・ウォンサターパット
製作総指揮 ソムサック・テーチャラッタナプラスート
出演者 ウィウィシット・ヒランヤウォンクン
マリオ・マウラー
音楽 ギティ・クルーマニー
撮影 ペーター・サトマーリ
編集 イシュトヴァーン・キラーイ
配給 アナコット
公開 タイ王国の旗 2007年11月22日
日本の旗 2009年6月20日
上映時間 158分
製作国 タイ王国の旗 タイ
言語 タイ語
製作費 17,000,000バーツ
興行収入 42,000,000バーツ
テンプレートを表示

ミウの歌〜Love of Siam〜』(みうのうた らぶ・おぶ・さいあむ、英題:The Love of Siam)は、2007年タイ映画
日本では2008年のアジアフォーカス2008福岡国際映画祭[1]2009年大阪アジアン映画祭[2]で「サイアム・スクエア」の邦題で上映された。 劇場公開は2009年6月20日。 また、2010年の第5回青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル[1](7月3日)にて上映された。

概要[編集]

タイでは珍しい青春ドラマ映画にもかかわらずロングランヒットとなった作品。低予算の作品で、役者もほとんど新人を起用している[3]

作中で登場するバンド「August(オーガスト)」は、映画公開後に実際にデビューした。

あらすじ[編集]

ミウとトンは幼馴染で親友だったが、トンの姉のタンが失踪したのを切っ掛けにトン一家は引っ越してしまう。 その後、高校3年生になった二人はサイアム・スクエアで偶然再会する。 トンはいまだに失踪した姉を探して苦しみアルコールに走る父親や家族のことで悩み、 ミウは所属するバンド「August」のデビューで必要なラブソングが作れないことで悩んでいた。 再会後に接近する二人と、彼らを取り巻く同年代の男の子や女の子が全て経験する“青春時代特有の純粋さ”を主軸に、 同性愛、アル中、軽い恋愛、片思いといった糸が絡み合いながらラストのライブコンサートまでを一気に魅せるほろ苦いラブストーリー。

キャスト[編集]

  • ウィウィシット・ヒランヤウォンクン - ミウ
  • マリオ・マウラー - トン
  • ガンヤー・ラッタナペット - イン
  • アティチャー・ポンシンピパット - ドーナツ
  • チャーマーン・ブンヤサック - ジュン/タン
  • シンジャイ・プレンパーニット - スニー(トンの母)
  • ソンシット・ルンノップクンシー - ゴン(トンの父)

賞歴[編集]

タイ
韓国
フィリピン
ブラジル
アメリカ
日本
  • アジアフォーカス2008福岡国際映画祭 - 出品
  • 大阪アジアン映画祭2009 - 出品、観客賞受賞

脚注[編集]

  1. ^ アジアフォーカス・福岡国際映画2008年(第18回)
  2. ^ 大阪アジアン映画祭2009
  3. ^ 日本語版公式サイトより

外部リンク[編集]