ミアス川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミアス川
ミアス川
チェリャビンスクを流れるミアス川
延長 658 km
水源の標高 700 m
平均流量 15,4 /s
(イセチ川合流点付近)
流域面積 21,800 km²
河口・合流先 イセチ川
流域 ロシア
テンプレートを表示

ミアス川(ミアスがわ、ロシア語: Миа́сс, Miass、ミアース川とも)は、ロシアウラル山脈東方、チェリャビンスク州クルガン州を流れるである。イセチ川の右支流であり最大の支流で、最終的にはエルティシ川オビ川を経て北極海へ流れる。長さは658km、流域面積は21,800平方km。10月末から11月頃に凍結し、4月に氷が解ける。

概要[編集]

ミアス川上流はバシコルトスタン共和国に属し、ヌラリ山地東麓の海抜700メートル付近に水源がある。ミアス市、チェリャビンスク市などを流れ、カルゴポリの町の北20キロメートルでイセチ川に合流している。水源から合流点までの落差は508メートルほど。

主な支流にはアトリャン川(Атля́н)、ボリショイ・キアリム川(Большой Киали́м)、ビシクリ川(Бишкуль)、ジューセルガ川(Зю́зелга)などがある。

流域には多数のダムがあり、チェリャビンスクなどの重工業都市の水源として使われているが、油や金属などによる汚染も激しい[1][2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]