マーライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポールマーライオン公園に設置されているマーライオン

マーライオンMerlion)は、シンガポールにある、上半身がライオン、下半身はの像である。材質は全身コンクリート製で波を象った台の上に乗り、口からは水を吐いている。

概要[編集]

同国の象徴的存在である。シンガポール近辺にかつて栄えた都市の名「タマセク」(ジャワ語で海の意)にちなみ "mermaid(人魚)" と、シンガポールの名の元になったライオンを合体させたと言われている。

歴史[編集]

像は、1972年に当時記念物委員会の会員であり、ヴァン・クリーフ水族館の館長でもあったフレイザー・ブルーナーにより設計され、地元の彫刻家のリム・ナン・センによって作られた。当初は水を常時吹き出しており観光名所であったが、ポンプの故障で水が出なくなり、また近くに橋が架けられ正面から見えなくなった。

しかしその後、2002年5月8日に海際に新設されたマーライオン・ピアに移転され、9月15日には正面から見えるように桟橋もつけられた。故障していたポンプも修理され、再び水もほぼ常時吹き出すようになり、徐々に人気を取り戻している。[要出典]2009年2月28日落雷によりたてがみと右の耳、土台の一部を破損する災難に見舞われる。事故の直後、居合わせた30人前後の観光客が飛散した破片をよけようと逃げ惑う騒ぎになったが、けが人は出なかった。

2010年シンガポールユースオリンピックではマーライオンの子マーリー(Merly)が大会マスコットの一つに設定された。

由来[編集]

11世紀マレーシアの王族が対岸に見える大地を目指して航海の旅に出た際、途中で海が激しく荒れ、王族が被っている王冠を海に投げたところ、海は静まり無事にその大地にたどり着くことができた。その時、ライオンが現れて、王族にその大地を治める事を許して立ち去った。マーライオンの頭部はこのときのライオンを表している。[要出典]

また魚の尾は、古代都市テマセック(ジャワ語で「海」)を象徴している。王族は、その大地を「ライオン(Singa)の都市(Pura)」を意味する「Singapura(シンガプーラ)」と名づけ、マーライオンを国の守り神として祭ったという伝説がある。セントーサ島にある「マーライオンタワー」では、このマーライオン誕生の歴史について映像形式で見る事ができる。

ミニマーライオン・マーライオンタワー[編集]

セントーサ島のマーライオンタワー

本家は高さ8mほどの像であるが、セントーサ島には、人が登れる37mの「マーライオンタワー」もある。セントーサ島のマーライオンは、一定の時間に目から光を放つ

なお、シンガポールには計5つのマーライオンがあり、本家、セントーサ島の他は本家の背後のミニマーライオン、シンガポール政府観光局本局の前、フェーバー山にある。

比喩表現としての「マーライオン」[編集]

マーライオンがその口から水を吐き出している姿から連想されるためか、「嘔吐する」といった意味合いで、「マーライオンする」などの婉曲表現が使われることがある。この場合、主に酔ったことに起因する嘔吐をさすことが多い。[誰によって?]
また誰とはなく旅人の間で自然に語られるようになった「世界三大がっかり」という表現で、シンガポールのマーライオンとコペンハーゲン人魚姫の像ブリュッセル小便小僧の3つのスポットの中の筆頭格として語られることもある。[要出典]
2013年8月福島第一原子力発電所の汚染水対策を検討する作業部会で、原子力規制委員会の委員が事故当初に発生した高濃度汚染水の海洋流出について「(規制委内部では)マーライオンと呼んでいる」と発言、会合途中で謝罪・撤回した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]