マーブ・スロンベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーブ・スロンベリー
Marvin Eugene Throneberry
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 テネシー州フィッシュビル
生年月日 1933年9月2日
没年月日 1994年6月23日(満60歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1952年 ドラフト外でヤンキースに入団
初出場 1955年9月25日
最終出場 1963年5月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーブ・スロンベリー(1933年9月2日 - 1994年6月23日)はテネシー州フィッシュビル出身の元MLBプレイヤー。(一塁手外野手)ニューヨーク・メッツが120敗を記録した際のメッツの一塁手として知られる。愛称はマーベラス・マーブ。左投左打

経歴[編集]

ヤンキース時代[編集]

1952年、ドラフト外でニューヨーク・ヤンキースに入団したマーブは、3A のデンバー・ベアーズで、1955年から1957年まで3年連続で本塁打と打点の二冠王を獲得するなど、1950年代のマイナーリーグでは最も恐れられた打者の一人であった。

1955年9月25日にメジャーデビュー。ミッキー・マントルと比較されるほどのパワーを持ちながら、三振があまりに多く、一塁守備のポジショニングに難があったため、控えを抜け出すことはできなかった。

1959年シーズン終了後、ロジャー・マリスとの交換で、他の5選手とともに、カンザスシティ・アスレチックス(現オークランド・アスレチックス)に移籍した。

アスレチックス~オリオールズ時代[編集]

アスレチックスでは主に一塁手と右翼手の控えとして過ごし、1960年には打率.250、11本塁打を記録。

しかし、翌1961年シーズン途中にジーン・ステファンとのトレードでボルチモア・オリオールズに移籍。シーズン通算で打率.226、11本塁打を記録。

さらに1962年シーズン途中、ホビー・ランドリスと金銭とのトレードで創設まもないニューヨーク・メッツに移籍。

メッツ時代[編集]

長打力のある選手を待望していたメッツで、マーブは一塁手のレギュラーを獲得。116試合に出場し、打率.244、16本塁打、49打点を記録し、期待にこたえた。 しかし、17ものエラーを喫し、守備率は.981となり、1981年にヒューストン・アストロズシーザー・セデーニョに並ばれるまで、メジャーの一塁手のワースト記録であった。 また、そのユーモラスなプレー(いわゆる珍プレー)でファンの人気を集めた(後述)

しかし、1963年シーズン、ファンも限界に達し、後にメッツの名一塁手となるエド・クレンプルと入れ替わりでマイナーに降格。同年解雇され、29歳の若さで現役を引退した。

引退後[編集]

引退後は故郷のテネシー州に戻ったが、1980年代、ミラーライトビールのCMに出演し、人気を博した。このCMにおける最も有名なセリフは、「私が野球でやったことをこのビールにやったら、売り上げが落ちるかもしれない」というもので、新聞のコラムに取り上げられるなど、大きな評判を博した。 1994年6月23日、癌で死去(60歳)。

マーベラス・マーブ[編集]

マーブはマーベラス・マーブと呼ばれ、多くのユーモラスな逸話で知られている。そのほとんどは後世の創作とも言われているが、今なおメッツの伝説として残っている。

有名なものでは、ある試合では三塁打を打ったものの、二塁ベースを踏み忘れ、アウトになった。マーブは抗議し、監督のケーシー・ステンゲルも審判のもとへ出ていったところ、審判に「彼は一塁ベースも踏んでいない」と言われたため、ステンゲルは引き上げたというものである。 そして、マーブの次のバッターがホームランを打ったものの、ステンゲルはそのバッターの後ろをついていき、いちいちベースを踏んだか確認したという。 ちなみに試合は8-7で負けたため、結果としてマーブのミスはかなり高くついた。

もうひとつの有名な逸話は、メッツの選手たちが催したステンゲルの誕生パーティーの話である。 パーティーのためにバースデーケーキが用意され、出席者たちにふるまわれたが、マーブにはなぜかケーキが与えられなかった。 このことについてマーブが不満を言うと、ステンゲルは、「ケーキをやったら落とすと思った」と答えたというものである。

エピソード[編集]

外部リンク[編集]