マーフィー徴候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーフィー徴候(英:Murphy sign、sonographic Murphy's sign)とは、胆嚢疾患に見られる徴候の一つ。

概要[編集]

急性胆嚢炎胆石症などで、触診上、右季肋部下で肝縁の下に探触子を押し当て圧迫することで深い吸気時(深呼吸時)に痛みの為に呼吸が止まる。超音波検査でも胆嚢描出時に、プローブにより圧迫を加えると圧痛を訴える場合があるため、この名前をとってsonographic Murphy's signとも呼ばれる。

症状[編集]

有痛性

外部リンク[編集]