マーニ (オートバイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥーロ1000

マーニMagni )は、イタリアロンバルディア州ヴァレーゼ県サマラーテにあるオートバイ製造メーカーである。日本への代理店は福田モーター商会が務めている。

ジレラMVアグスタで活躍したアルトゥーロ・マーニがミラノにて1978年創業した。当初はMVアグスタ用のカスタムパーツやコンプリートマシンを製造していたがやがて既存のパワーユニットを流用したオリジナルバイクの製造を始めた。

車種[編集]

  • HM11980年発売) - 本田技研工業CB900F用エンジンを積んでいる[1]
  • MB21982年発売) - BMWR100用空冷4ストロークF2OHV979ccエンジン、70仏馬力/7000rpmをそのまま積んでいる。エンジンとその周辺パーツはドイツ製だがその他は全てイタリア製。EPMホイールは息子のジョバンニが製作している[2][3]
  • ルマン10001985年発売) - モト・グッツィ製空冷4ストロークV2OHV948ccエンジン、86仏馬力/7700rpm。ドライブシャフト式の欠点であるアクセルオン時のテールリフトを上下2本式のパラレル式スイングアーム「パラレログラモ」で消している。前後ホイール18in、前サスペンションチェリアーニ製、後サスペンションコニ[4]
  • ルマン1100(1985年発売) - ルマン1000のボアアップ版。
  • アルトゥーロ10001987年発売) - ルマン1000のカウル付きレトロ仕様。
  • クラシコ1000(1987年発売) - ルマン1000のノンカウルレトロ仕様。
  • スフィーダ10001989年発売) - ロケットカウル、シングルシート。
  • スフィーダ4001992年発売) -
  • オーストラリア1993年発売) - オーストラリアのディーラーからの要望で製作された[5]。1998年にモデルチェンジしている。モト・グッツィ製デイトナ1000RS用4ストロークV2SOHC992ccエンジンを搭載し102仏馬力/8400rpm、8.97kgm/6600rpm[6]
  • スフィーダ11001996年発売) - モト・グッツィ製1100スポルト用エンジンを搭載し90仏馬力/7800rpm、9.7kgm/6000rpm。1997年インジェクション化された。[7]
  • ジャポーネ521998年発売) - スフィーダ1100のフルカウル版。創業20周年と福田モーター商会の創業50周年を記念して発売された[8]
  • スポルト1200S2000年発売) - スズキ (企業)製油冷エンジンを搭載したモデル[9]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • オートバイ誌1985年6月臨時増刊『世界のオートバイ特集』
  • オートバイ誌1986年6月臨時増刊『世界のオートバイ特集』
  • 『クラブ・モトグッツィ』エイ出版社

脚注[編集]

  1. ^ オートバイ誌1985年6月臨時増刊『世界のオートバイ特集』P159。
  2. ^ オートバイ誌1985年6月臨時増刊『世界のオートバイ特集』P159。
  3. ^ オートバイ誌1986年6月臨時増刊『世界のオートバイ特集』P156。
  4. ^ オートバイ誌1986年6月臨時増刊『世界のオートバイ特集』P156。
  5. ^ 『クラブ・モトグッツィ』P060。
  6. ^ 『クラブ・モトグッツィ』P061。
  7. ^ 『クラブ・モトグッツィ』P061。
  8. ^ 『クラブ・モトグッツィ』P060。
  9. ^ 『クラブ・モトグッツィ』P060。