マーニーと魔法の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーニーと魔法の書』(原題:Shoebox ZOO)は、2004年9月より、スコットランドBBCの子供専用チャンネルCBBCで放送されたドラマ。ジャンルはファンタジー。イギリスとカナダの合作。

本国では第2シーズンまで放送されたが、日本ではNHK教育テレビにおいて、2006年4月3日から6月25日まで、1シーズン分にあたる13話分のみが放送された。時刻は火曜日の19時25分~19時50分。また、『マーニーと魔法の動物園』の題でDVD化もされている。

特色[編集]

放送は子ども向けチャンネルだったが、脇を固めるキャストの渋さ、丁寧な作りから大人のファンも多い。


ストーリー[編集]

アメリカで育った孤児の少女・マーニー。ある日、誕生日に訪れた骨董店で不思議な男から古い靴箱を受け取る。中には動物のおもちゃが入っていた。そのおもちゃがある日突然動き出す。そして、マーニーは流されるまま、魔法の国へと旅立つことになる。

主な登場人物[編集]

マーニー・マクブライド
ビビアン・エンディコット・ダグラス)(日本語吹き替え:本名陽子
本番組主人公。11歳。
少し前に母を亡くし、父の故郷であるエディンバラに引っ越してきた。
誕生日に、父といっしょに入った骨董品店で謎の男から4頭のおもちゃの動物が入った箱をもらう。その出会いから、不思議な魔法の世界に導かれる。
男子生徒にからかわれたりすることもあったが、負けずに言い返している。
ロス・マクブライド
ジェイソン・コネリー)(日本語吹き替え:滝知史
マーニーの父親。
母を亡くし、生活環境もがらりと変化した娘をいつも気遣っている。
マイケル・スコット
ピーター・マラン)(日本語吹き替え:麦人
骨董品店でマーニーが出会った謎の男。
その正体は、魔法の書の作り主であり持ち主である大魔法使い
J・R・トレド
トニー・ドナルドソン)(日本語吹き替え:家中宏
優雅で高貴な雰囲気を持つ不思議な男。
マーニーの持つ魔法の書を奪おうと狙っている。
大魔法使いスコットの手により作り出された存在。最期はニセの魔法の書に魂を吸い込まれ封印された。
マクタガート
デイヴィッド・マッケイ)(日本語吹き替え:世田壱恵
トレドに仕える男。
その正体は、魔法の書を見守り続ける命を帯びたスコットに仕える男。魔法の書の力が消えぬ限り存在し続ける。
トレド封印後はスコットの下にいる。
ウルフガング
狼のおもちゃ。姿の通り、一匹狼。
その正体はスコットの息子であり弟子であった人間。あることが原因で姿をおもちゃに変えられた。
エドウィン
鷲のおもちゃ。正義感が強く威勢がいい。
元はスコットの弟子であった人間で、スコットにより鷲のおもちゃに姿を変えられた。
ブルーノ(日本語吹き替え:木村雅史
熊のおもちゃ。力持ちで優しいが気が弱い。
元はスコットの弟子であった人間で、スコットによりおもちゃに姿を変えられた。
エルサ
蛇のおもちゃ。少し嘘つきで意地が悪いが感はいい。
元はスコットの弟子であった人間で、スコットによりおもちゃに姿を変えられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK教育 火曜19:25 - 19:50枠
前番組 番組名 次番組
マーニーと魔法の書
ドクター・フー
※19:00-19:50