マーティン・ソレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティン・ソレル: Sir Martin Sorrell1945年2月14日- )はイギリスの実業家。世界有数の広告代理店であるWPPグループの創業者であり、CEOを務める。

来歴[編集]

1945年ロンドンユダヤ人の家庭に生まれた。ハーバード大学MBAを取得したのち、1975年サーチ&サーチ社に入社。1977年から1984年まで、同社の財務を担当した。1985年、ワイヤー&プラスチック社(WPPグループ)の株式を取得、1986年には同社の代表取締役に就任した。

その後1987年JWT1989年にはオグルヴィグループに敵対的買収を仕掛けた。2000年以降には、ヤング・アンド・ルビカム社も買収した。1997年外務英連邦省より英国産業大使に任命され、様々な執務を行った。

1998年にはハーバード・ビジネス・スクールインド商科大学院の理事に就任。同年より、WPPと資本業務提携した日本の広告代理店アサツー ディ・ケイの取締役を務めている。2007年、ハーバード・ビジネス・スクール最高の栄誉であるAlumni Achievement Awardを授与された。

関連項目[編集]