マーティン・ジェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーティン・ジェイ(Martin Jay、1944年-)は、アメリカ歴史学者思想史家カリフォルニア大学バークレー校教授。専門は、ヨーロッパ思想史、とくにフランクフルト学派の研究。

ニューヨーク生まれ。1971年、ハーバード大学より博士号取得。

著作[編集]

  • The dialectical imagination: a history of the Frankfurt School and the Institute of Social Research, 1923-1950, Little, Brown, 1973.
弁証法的想像力――フランクフルト学派と社会研究所の歴史 1923-1950』、荒川幾男訳、みすず書房、1975年
  • Marxism and totality: the adventures of a concept from Lukács to Habermas, University of California Press, 1984.
マルクス主義と全体性――ルカーチからハーバーマスへの概念の冒険』、荒川幾男ほか訳、国文社、 1993年
  • Adorno, Harvard University Press, 1984.
アドルノ』、木田元村岡晋一訳、岩波書店、1987年、同時代ライブラリー、1992年、岩波現代文庫、2007年
  • Permanent exiles: essays on the intellectual migration from Germany to America, Columbia University Press, 1985.
『永遠の亡命者たち――知識人の移住と思想の運命』、今村仁司藤澤賢一郎竹村喜一郎笹田直人訳、新曜社、1989年
  • Fin-de-siècle socialism and other essays, Routledge, 1988.
『世紀末社会主義』、今村仁司・大谷遊介訳、法政大学出版局、1997年
  • Force fields: between intellectual history and cultural critique, Routledge, 1993.
『力の場――思想史と文化批判のあいだ』、今井道夫吉田徹也佐々木啓富松保文訳、法政大学出版局、1996年
  • Cultural semantics: keywords of our time, University of Massachusetts Press, 1998.
『文化の意味論――現代のキーワード集』、浅野敏夫訳、法政大学出版局、2010年
  • Downcast eyes: the denigration of vision in twentieth-century French thought, University of California Press, 1993.
  • Refractions of violence, Routledge, 2003.
暴力の屈折――記憶と視覚の力学』、谷徹谷優訳、岩波書店、2004年
  • Songs of experience: modern American and European variations on a universal theme, University of California Press, 2005.
  • The virtues of mendacity: on lying in politics, University of Virginia Press, 2010.
  • Essays from the edge: parerga & paralipomena, University of Virginia Press, 2011.

編著[編集]

  • An unmastered past: the autobiographical reflections of Leo Lowenthal, edited by Martin Jay, University of California Press, 1987.
  • The Weimar Republic sourcebook, edited by Anton Kaes, Martin Jay, Edward Dimendberg, University of California Press, 1994.
  • Vision in context: historical and contemporary perspectives on sight, edited by Teresa Brennan and Martin Jay, Routledge, 1996.