マーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーターズ
Martyrs
監督 パスカル・ロジェ
脚本 パスカル・ロジェ
製作 リシャール・グランピエール
シモン・トロティエ
製作総指揮 フレデリック・ドニギアン
マルセル・ジルー
出演者 モルジャーナ・アラウィ
ミレーヌ・ジャンパノイ
音楽 アレックス・コルテス
ウィリー・コルテス
撮影 ステファーヌ・マルタン
ナタリー・モリアフコ=ヴィゾツキー
編集 セバスティアン・プランジェール
配給 日本の旗 キングレコード
公開 フランスの旗 2008年9月3日
カナダの旗 2008年9月10日TIFF
日本の旗 2009年8月29日
上映時間 100分
製作国 フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
言語 フランス語
製作費 280万[1]
興行収入 $1,149,138[2]
テンプレートを表示

マーターズ』(原題: Martyrs)は、2008に公開されたフランスカナダスプラッター映画

ストーリー[編集]

70年代初頭のフランスで、少女リュシーは何者かによる長期間に及ぶ、監禁・拷問・虐待の末、自力で脱出した。彼女は施設に預けられ、そこで知り合ったアンナの支えにより心の傷を癒してゆく。しかし15年後、リュシーは復讐を果たすため猟銃を手にし、犯人と思われる家族を皆殺しにする。

キャスト[編集]

左から監督のパスカル・ロジェ、モルジャーナ・アラウィ、ミレーヌ・ジャンパノイ(2008年9月11日、トロントのRyerson Theatreでの舞台挨拶)。
  • モルジャーナ・アラウィ英語版:アンナ
  • ミレーヌ・ジャンパノイ英語版:リュシー
  • カトリーヌ・ベジャン:マドモアゼル
  • ロバート・トゥーパン:父親
  • パトリシア・テューレーン:母親
  • ジュリエット・ゴスラン:マリー
  • ザヴィエ・ドーラン:アントワーヌ
  • ジャン=マリー・モンスレー:エチエンヌ
  • エリカ・スコット:10歳のアンナ
  • ジェシー・ファン:10歳のリュシー
  • イザベル・シャス:創造物
  • アニエ・パスカル:女性執行人
  • マイク・シュート:男性執行人(ミシェル)
  • ガエル・コーエン:手の女性

スタッフ[編集]

  • 監督:パスカル・ロジェ英語版
  • 特殊メイク:ブノワ・レスタン
  • キャスティング:ヘレネ・ルース
  • プロダクション・デザイン:ジャン=アンドレ・カリエール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lemercier, Fabien (2007年2月13日). “Martyrs: A journey into the heart of darkness”. cineuropa.org. 2008年6月25日閲覧。
  2. ^ http://boxofficemojo.com/movies/intl/?page=&id=_f03

外部リンク[編集]