マーシャル・カーク・マキュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリスベンで開催されたLinuxConf Australia2011でのマキュージック

マーシャル・カーク・マキュージック(Marshall Kirk McKusick1954年1月19日 - )は、ウィルミントン (デラウェア州)出身の計算機科学者。1980年代からのBSDおよび現在(2006年)のFreeBSDに関する幅広い活動で知られている。1990年から1992年までと2002年から2004年までUSENIXの会長を務め、現在も理事を務めている。また、ACM Queue Magazine の編集にも携わっている。通称は「カーク」。

コーネル大学電気工学科を卒業後、カリフォルニア大学バークレー校で経営管理の修士号と情報工学の博士号を得ている。

大学卒業以来のドメスティックパートナーエリック・オールマンとカリフォルニアに住んでいる。マキュージックはワインコレクタでもあり、彼の家とワイン貯蔵室の温度などの状況は彼のホームページで見ることができる。

BSD[編集]

カークがBSDに関わるようになったのは、BSD開発の先頭に立ったビル・ジョイとバークレーで同じオフィスだったためである。[1]

マキュージックのBSDへの最大の貢献はファイルシステムである。彼は最初の Berkeley Fast File System (FFS) の設計に関わった。その後ジャーナルファイルシステムの代替案とでも言うべき Soft updatesUFSの改訂版 "UFS2" を実装した。

また、ファイルシステムの補助的機能であるスナップショット機能やバックグラウンドで動作するfsck(file system check and repair; ファイルシステムのチェックと修復)も実装した。これらは soft updates と密接に関連している。スナップショット機能により、電源異常発生後の再立ち上げでファイルシステムを即座に使用可能となり、fsckをバックグランドで実行できるようになった。

『設計と実装』シリーズの著作は情報工学の本としては非常に質が高く、BSDから派生したOSの開発に強く影響を与え、それらの統一感と熟考された性質に寄与している。

また、BSDのマスコットキャラクターであるBSDデーモン公式キャラクター画像はマキュージックが著作権を保有している。

著作[編集]

  • S. Leffler, M. McKusick, M. Karels, J. Quarterman: The Design and Implementation of the 4.3BSD UNIX Operating SystemUNIX 4.3BSDの設計と実装』, Addison-Wesley, 1989年1月, ISBN 0-201-06196-1. ドイツ語版 1990年6月, ISBN 3-89319-239-5. 日本語版 1991年6月, ISBN 4-621-03607-6 (絶版).
  • S. Leffler, M. McKusick: The Design and Implementation of the 4.3BSD UNIX Operating System Answer Book, Addison-Wesley, 1991年4月, ISBN 0-201-54629-9. 日本語版 1992年1月, ISBN 4-8101-8039-5 (絶版).
  • M. McKusick, K. Bostic, M. Karels, J. Quarterman: The Design and Implementation of the 4.4BSD Operating System4.4BSDの設計と実装』, Addison-Wesley, 1996年4月, ISBN 0-201-54979-4. フランス語版 1997年, International Thomson Publishing, Paris, France, ISBN 2-84180-142-X. 日本語版 2003年9月, ISBN 4-7561-4346-6.
  • M. McKusick, George Neville-Neil: The Design and Implementation of the FreeBSD Operating SystemBSDカーネルの設計と実装 -FreeBSD詳解-』, Addison-Wesley, 2004年7月, ISBN 0-201-70245-2. 日本語版 2005年10月, ISBN 4-7561-4679-1.

外部リンク[編集]

いずれも英文

  1. ^ BSDTalk interview with Kirk McKusick