マーシャルの奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーシャルの奇跡
We Are Marshall
監督 マックG
脚本 ジェイミー・リンデン
原案 ジェイミー・リンデン
コーリー・ヘルムズ
製作 ベイジル・イヴァニク
製作総指揮 ジーン・オールグッド
ウィリアム・フェイ
トルメイン・マクブライド
スコット・メドニック
ブレント・オコナー
トーマス・タル
出演者 マシュー・マコノヒー
マシュー・フォックス
音楽 クリストフ・ベック
撮影 シェーン・ハールバット
編集 プリシラ・ネッド・フレンドリー
グレッグ・ロンドン
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
サンダーロード・ピクチャーズ
レジェンダリー・ピクチャーズ
ワンダーランド・サウンド・アンド・ヴィジョン
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年12月22日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $43,545,364[2]
テンプレートを表示

マーシャルの奇跡』(マーシャルのきせき、We Are Marshall)は2006年アメリカ合衆国の映画

1970年11月に起きたサザン航空932便墜落事故 (Southern Airways Flight 932で選手とコーチの大半を失ったマーシャル大学アメフト部の復活の実話に基づいている。

日本では劇場未公開だが、2008年6月11日に『マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡』のタイトルでDVDが発売された。

ストーリー[編集]

ウェストバージニア州ハンティントンマーシャル大学アメフト部は全米有数の強豪チームとして市民から深く愛されていたが、遠征先のノースカロライナから帰る飛行機が墜落し、選手やコーチなど合わせて75名が亡くなる。大学はアメフト部の活動を停止しようとするが、遺された部員たちの声かけにより学生らが反対を表明。学長もチーム復活に向けて動き出すことになる。 ところが選手はおろか、コーチも見つからず、チーム復活は難航を極めるが、そこに他大学でコーチを務めているジャック・レンゲルが、名乗りを上げる。

登場人物[編集]

ジャック・レンゲル (Jack Lengyel
演 - マシュー・マコノヒー、吹替 - 内田直哉
アメフト部復活のためにやってきたコーチ。
ウィリアム・ドーソン (William "Red" Dawson
演 - マシュー・フォックス、吹替 - 東地宏樹
アメフト部アシスタントコーチ。
ネイト・ラフィン
演 - アンソニー・マッキー、吹替 - 伊藤健太郎
アメフト部員。怪我で欠場していたために事故に遭わなかった。
ドナルド・デドモン (Donald Dedmon
演 - デヴィッド・ストラザーン
学長。アメフト部復活に尽力する。
ポール・グリフェン
演 - イアン・マクシェーン、吹替 - 辻親八
アメフト部のスター選手だった息子クリスを亡くす。
アニー・キャントレル
演 - ケイト・マーラ、吹替 - 加藤優子
恋人クリスを事故で亡くす。
キャロル・ドーソン
演 - ジャニュアリー・ジョーンズ
ウィリアム・ドーソンの妻。
サンディ・レンゲル
演 - キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー
ジャック・レンゲルの妻。
リック・トリー
演 - ロバート・パトリック[3]
アメフト部コーチ。事故で亡くなる。
クリス・グリフェン
演 - ウェス・ブラウン、吹替 - 佐藤拓也
アメフト部のスター選手。事故で亡くなる。

参考文献[編集]

  1. ^ We Are Marshall (2006) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年10月25日閲覧。
  2. ^ We Are Marshall (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2011年10月25日閲覧。
  3. ^ クレジットなし。We Are Marshall (2006) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年4月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]