マーサの幸せレシピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーサの幸せレシピ
Bella Martha
監督 ザンドラ・ネッテルベック
脚本 ザンドラ・ネッテルベック
製作 カール・バウムガートナー
クリストフ・フリーデル
出演者 マルティナ・ゲデック
セルジオ・カステリット
マクシメ・フェルステ
音楽 キース・ジャレット
アルヴォ・ペルト
デヴィッド・ダーリング
撮影 ミヒャエル・ベルトル
編集 モーナ・ブロイアー
配給 日本の旗 アミューズピクチャーズ
公開 ドイツの旗 2002年4月18日
日本の旗 2002年11月16日
上映時間 105分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
オーストリアの旗 オーストリア
イタリアの旗 イタリア
スイスの旗 スイス
言語 ドイツ語
イタリア語
興行収入 $9,852,022[1]
テンプレートを表示

マーサの幸せレシピ』(原題: Bella Martha, 英題: Mostly Martha)は、2001年公開のドイツ映画

ストーリー[編集]

ハンブルグで料理人として店を切り盛りするマーサ。料理の腕はかなりのものだが、客に対しても自分の考えは曲げずやや頑固者。

店の方針でイタリア人料理人として来たマリオとも、料理の腕は認めているが調理方針をめぐってライバル視している。

そんなある日、姉夫婦の交通事故死をきっかけに、遺児であるリナを引き取る。 結婚していることだけを知っている程度の間柄の2人は、ぎこちないながらも暮らし始めるが、交通事故後にリナは食事を取ろうとせず、通っている学校からも連絡がある。

日増しに体力の低下が目立つようになったある日、リナから目が離せないマーサは自分の店の調理場へリナを連れてくる。 いつものように料理をしているマリオは、リナに気づくと自慢のパスタ料理を作り、リナに食べることを勧める。 はじめは躊躇したリナも、美味しそうに食べるマリオを見ていると食欲が湧いてきたのか、無我夢中で食べ始める。 それを目撃したマーサは、マリオに対する考えを改め料理人としても、異性としても意識し始める。

そんなある日、姉夫婦の父方の親戚からリナを正式に引き取るという知らせが届きマリオと供にリナを連れて車で向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
マルタ(マーサ) マルティナ・ゲデック 萩尾みどり
マリオ セルジオ・カステリット 江原正士
サム ウルリク・トムセン 内田直哉
リナ マクシメ・フェルステ 南里侑香

主な受賞[編集]

リメイク[編集]

2007年にハリウッドで『幸せのレシピ』として公開(主演はキャサリン・ゼタ=ジョーンズ)。

参考文献[編集]

  1. ^ Mostly Martha”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2012年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]