マーケット島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーケット島
1985年から異常な国境線があるマーケット島
地理
場所 バルト海
座標 北緯60度18分03秒 東経019度07分53秒 / 北緯60.30083度 東経19.13139度 / 60.30083; 19.13139座標: 北緯60度18分03秒 東経019度07分53秒 / 北緯60.30083度 東経19.13139度 / 60.30083; 19.13139
面積 0.03 km2 (0.012 sq mi)
長さ 0.35 km (0.217 mi)
最大幅 0.15 km (0.093 mi)
地方 オーランド諸島
地方 ウップランド地方
住民
人口 0
マーケット島の灯台
マーケット島の位置

マーケット島スウェーデン語: Märket)は、スウェーデンフィンランドを隔てるボスニア湾の中央に位置するオーランド諸島とスウェーデンの中間にある岩礁で、スウェーデンとフィンランドで分割している。標高は2メートル足らず、面積わずか3.3ヘクタールである。

島にフィンランド領の灯台があるが、1976年に自動化されたため、現在は無人島。しばしばアマチュア無線の愛好者が島で交信をするために上陸している。

歴史[編集]

フィンランドは12世紀からスウェーデンの属領だったが、1808年ロシア帝国がスウェーデンを攻撃し、翌年のフレデリクスハムンの和約でフィンランドはロシアへ割譲されることになった。こうしてオーランド諸島とスウェーデン本土との間に国境線が引かれることになり、ちょうど中間にあったマーケット島を横切ることになった。具体的に島のどこを国境線が通っているのかは曖昧なのに、ロシアは1885年灯台を建てた。

1918年にフィンランドはロシアから独立し、マーケット島の灯台はフィンランドが引き継いだが、後に島の中心点を境に具体的な国境とすることが決まると、灯台は中心点よりもスウェーデン側に位置していることが問題になった。結局1985年に改めて国境線が引き直され、島のスウェーデン寄りにあった灯台をフィンランド領にする代わりに、フィンランド寄りの同じ面積の土地をスウェーデン領にすることにした[1]

脚注[編集]