マーク・Z・ダニエレブスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーク・Z・ダニエレブスキーMark Z. Danielewski, 1966年3月5日 - )は、アメリカ作家。父親はポーランド出身の前衛映画監督タッド・ダニエレブスキーで、妹に歌手作詞家のPoe(アニー・ディケーター・ダニエレブスキー)がいる。

イェール大学英文学に取り組んだ後、ダニエレブスキーは、カリフォルニア州バークレーに移り、カリフォルニア大学バークレー校のサマープログラムでラテン語を学んだ。パリで、執筆に専念して過ごした事などもある。

1990年代はじめには、南カリフォルニア大学映画芸術学部(USC School of Cinematic Arts)で研究をすすめた。その後、ジャック・デリダの人生に基づいたドキュメンタリー、Derridaの編集補佐を勤め、音声なども担当した。

2000年に出版された、ダニエレブスキーの処女作である『紙葉の家』(House of Leaves)は、多数の熱狂的なファンを獲得した。そして2006年には、長篇二作目であるOnly Revolutionsが出版された。この作品はデビュー作ほど批評家の賞賛を得る事はできなかったが、全米図書賞の最終候補作となった。ダニエレブスキーの作品は、入り組んだ多層構造の物語やタイポグラフィの変化、一貫性のないページレイアウトなど、形態の実験的な選択を特徴とする。

作品[編集]

  • 『紙葉の家』 House of Leaves (2000)
  • The Whalestoe Letters (2000)
  • The Fifty Year Sword (2005)
  • Only Revolutions (2006)

参考文献[編集]

  • McCaffery, Larry & Gregory, Sinda. "Haunted House: An Interview with Mark Z. Danielewski" from Critique: Studies in Contemporary Fiction, Vol. 44, No. 2, Winter 2003: 99-135.
  • Hemmingson, Michael. "What's Beneath the Floorboards: Three Competing Meta-Voices in the Footnotes of Mark Z. Danielewski's House of Leaves." in press, forthcoming 2009.

外部リンク[編集]