マーク・メシエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・メシエ
生誕 1961年1月18日(53歳)
エドモントン, AB, CAN
身長
体重
6 ft 2 in (1.88 m)
210 lb (95 kg; 15 st 0 lb)
ポジション センター
シュート 左利き
所属クラブ WHA
インディアナポリス・レイサーズ
シンシナティ・スティンガーズ
NHL
エドモントン・オイラーズ
ニューヨーク・レンジャース
バンクーバー・カナックス
代表 カナダ
NHLドラフト 全体48番目(1979年)
エドモントン・オイラーズ
現役期間 1978年 – 2004年
2007年殿堂入り

マーク・メシエMark Douglas John Messier1961年1月18日 - )はカナダアルバータ州エドモントン生まれのプロ・アイスホッケー選手である。NHLでは、センターとして1979年から2005年までの四半世紀余りに渡って、エドモントン・オイラーズニューヨーク・レンジャース及びバンクーバー・カナックスで活躍したほか、WHAインディアナポリス・レイサーズ (Indianapolis Racers) 、シンシナティ・スティンガーズ (Cincinnati Stingers) にも在籍した。

愛称はムース('Moose'、大型のヘラジカ)。メシエは、その猛々しく、決断力にあふれ、ぴりぴり張り詰めた緊張感、そして感情むき出しのリーダーシップとともに、人をあっといわせるパフォーマンスでカリスマ的ともいれる印象をホッケー界に残した。スペルが似ていることから、1991年からのレンジャーズ在籍時は救世主(messsiah)とも言われていた。

2つの異なるスタンレー・カップ優勝チーム(オイラーズ、レンジャース)でそれぞれキャプテンを務め(2005年現在で1人だけ)、合計では6度のカップ優勝を経験している。

来歴[編集]

メシエは1978年、17歳でWHAのインディアナポリス・レイサーズでプロデビューを飾った。しかしレイサーズは経営難のため、シーズン途中でメシエをシンシナティ・スティンガースに放出。翌1979年、WHAが経営難のため閉鎖、メシエはNHLのドラフトでエドモントン・オイラーズに加入、前年レイサーズで共にプレーしたウェイン・グレツキーと再び同じチームになったメシエは徐々に頭角を現す。1981-1982シーズンにはオールスターの第1チームに選抜され、その翌シーズンには早くもシーズン100ポイント越えの好成績を残した。1988年には、ロサンゼルス・キングスに移籍したグレツキーの後継としてオイラーズのキャプテンに就任した。

メシエのレギュラーシーズンのポイント数1,887(694ゴール、1,193アシスト)は2005年の引退時においてNHL歴代2位であるが、それにもましてプレイオフにおける勝負強さが高く評価されることが多い。例えば、1984年のスタンレー・カップ決勝では、強豪ニューヨーク・アイランダーズを追走するエドモントン・オイラーズを率い、敵チームのディフェンスを1対1でかわすと相手ゴーリーを至近距離からの巧妙なリストショットで翻弄しゴールを上げた。そして、このシリーズが終わってみると、プレイオフ最優秀選手賞(コーン・スマイス賞)を獲得したのは、同僚ウェイン・グレツキーでなく、メシエであった。

メシエはそれまでもスーパースターの地位を確立していたが、いわゆる「メシエ伝説」が誕生したのは、1994年の東部カンファランス決勝のことである。このシリーズで2勝3敗と窮地に立たされたメシエは、ニューヨークのメディアの前で、第6戦の勝利を公言してはばからなかった。そして、その言葉通り、メシエは2点のリードを許していた第3ピリオドでハットトリックを演じニューヨーク・レンジャースを勝利に導いたのである。このシリーズを勝ち上がったレンジャースは54年ぶりにスタンレー・カップ優勝を果した。そしてカップ第7戦でもメシエは決勝点を決めたのである。

1994年のスタンレー・カップはマーク・メシエの現役時代後半の境目となった。1994-1995シーズンはロックアウトがあったが、メシエは53試合で64ポイントを上げた。1995-1996シーズン、既に35歳になろうとしていたが、彼が1991-1992シーズンにマークした100ポイント越えに迫る99ポイントをたたき出した。その翌シーズンでも84ポイントを上げて「ムース」健在を印象付けたメシエは、36歳になっていたにもかかわらずバンクーバー・カナックスから5年間で3千万ドルとも伝えられる破格の条件のオファーを受け、フリーエージェントで入団を決めた。

この当時6年ぶりにアメリカ合衆国から母国のチームに再加入したメシエに対するカナダ人の期待は高かったが、1997-1998シーズンには60ポイントと平凡な記録に終わり、カナックスでの残り2シーズンも怪我でフル出場はならなかった。こうして3年間で162ポイントでカナックスを退団することとなった。

メシエは既に選手として充分な名声をものにしていたが、再びニューヨークに戻ってレンジャース復帰を果すこととなる。2000-2001シーズン、40歳で67ポイントをマークしたが、これはカナックス時代のどの成績よりも優れている。しかし、翌シーズンには約半分の試合に欠場し23ポイントに終わった。また、その翌年も40ポイントに終わっている。

2003-2004シーズンは、大方のファンがメシエ最後の年となるといわれた。2003年11月11日ダラス・スターズ戦で、メシエは生涯ポイント数でゴーディ・ハウを抜き去る2ポイントを上げた。そして、その11日後、アルバータ州エドモントンで行われたヘリテイジ・クラシックでメシエは唯一の現役選手として出場した。同シーズンのマディソンスクウェアガーデン最終戦では、メシエがパックを持つたびに喝采を浴び、試合終了後リンクを周回しながらスタンドに挨拶を送ると、スタンディングオベーションを受けた。43歳になろうとしていたメシエについて、大方のメディアは引退を予測する旨を報じた。そして、2004年から2005年のNHLロックアウトによるNHLシーズンの全試合中止のあと、2005年9月12日にメシエの正式な引退が発表された。

メシエは引退するまでにNHLのレギュラーシーズン公式戦では、ゴーディ・ハウにわずか11試合及ばない1,767試合に出場したが、この記録は多くの者から、更新不可能な記録であると考えられている。また、レギュラーシーズン・プレイオフ通算では1,992試合という最高記録(2005年時点)を保持している(ちなみに、ゴーディ・ハウの同記録は1,924試合)。メシエは、NHLで4半世紀にわたってプレーしたことのある稀有な選手である。

2006年1月12日、マーク・メシエの背番号11番の永久欠番セレモニーが「マーク・メシエ」ナイトと銘打たれ行われた。 このセレモニーは2005-2006シーズンの試合の後に行われ、試合は延長戦にヤロミール・ヤーガーが決勝ゴールを決め勝利し、セレモニーに花を添えた。

メシエ家の一族にはホッケーの血筋が流れているのであろうか、父親のダグラスは自身NHLに所属した経験はないものの、メシエの幼い頃から、ジュニアホッケーの Spruce Grove Mets やセントアルバート・セインツ (St. Albert Saints) でコーチと精神的主導者の役割を果たした。また兄弟のポールは、NHLにかつて存在したコロラド・ロッキーズのセンターであったし、従兄弟のミッチ及びジョビーもNHLのチームに所属した。

メシエは、故郷アルバータ州のセント・アルバートでは伝説の人物となっており、その地域に所在するキャンベル・アリーナにはメシエの名前が冠されている。

2007年2月26日にエドモントンよりメシエの故郷セント・アルバートへと続くセント・アルバート・トレイルの一部をマークメシエ・トレイルとすることが発表された。

2007年2月27日にREXALL PLACEにてOILERSのジャージ・リタイヤメント・セレモニー(永久欠番授与式)が執り行なわれた。彼の名は彼のつけていた11番とともに今後OILERSの本拠地であるREXALL PLACEに永久に飾られる事となった。

受賞歴等[編集]

  • NHLオールスター第1チーム選抜 1982年、1983年、1990年、1992年
  • NHLオールスター第2チーム選抜 1984年、
  • コーン・スマイス賞 1984年
  • レスター・B・ピアソン賞 1990年、1992年
  • ハート記念賞 1990年、1992年

生涯成績[編集]

    レギュラーシーズン   プレイオフ
シーズン チーム リーグ GP G A Pts PIM GP G A Pts PIM
1976-1977 Spruce Grove AJHL 57 27 39 66 91 - - - - -
1977-1978 セント・アルバート AJHL 54 25 49 74 194 - - - - -
1977-1978 ポートランド WHL - - - - - 7 4 1 5 2
1978-1979 セント・アルバート AJHL 17 15 18 33 64 - - - - -
1978-1979 インディアナポリス・レイサーズ WHA 5 0 0 0 0 - - - - -
1978-1979 シンシナチ・スティンガーズ WHA 47 1 10 11 58 - - - - -
1979-1980 ヒューストン CHL 4 0 3 3 4 - - - - -
1979-1980 エドモントン・オイラーズ NHL 75 12 21 33 120 3 1 2 3 2
1980-1981 エドモントン・オイラーズ NHL 72 23 40 63 102 9 2 5 7 13
1981-1982 エドモントン・オイラーズ NHL 78 50 38 88 119 5 1 2 3 8
1982-1983 エドモントン・オイラーズ NHL 77 48 58 106 72 15 15 6 21 14
1983-1984 エドモントン・オイラーズ NHL 73 37 64 101 165 19 8 18 26 19
1984-1985 エドモントン・オイラーズ NHL 55 23 31 54 57 18 12 13 25 12
1985-1986 エドモントン・オイラーズ NHL 63 35 49 84 68 10 4 6 10 18
1986-1987 エドモントン・オイラーズ NHL 77 37 70 107 73 21 12 16 28 16
1987-1988 エドモントン・オイラーズ NHL 77 37 74 111 103 19 11 23 34 29
1988-1989 エドモントン・オイラーズ NHL 72 33 61 94 130 7 1 11 12 8
1989-1990 エドモントン・オイラーズ NHL 79 45 84 129 79 22 9 22 31 20
1990-1991 エドモントン・オイラーズ NHL 53 12 52 64 34 18 4 11 15 16
1991-1992 ニューヨーク・レンジャース NHL 79 35 72 107 76 11 7 7 14 6
1992-1993 ニューヨーク・レンジャース NHL 75 25 66 91 72 - - - - -
1993-1994 ニューヨーク・レンジャース NHL 76 26 58 84 76 23 12 18 30 33
1994-1995 ニューヨーク・レンジャース NHL 46 14 39 53 40 10 3 10 13 8
1995-1996 ニューヨーク・レンジャース NHL 74 47 52 99 122 11 4 7 11 16
1996-1997 ニューヨーク・レンジャース NHL 71 36 48 84 88 15 3 9 12 6
1997-1998 バンクーバー・カナックス NHL 82 22 38 60 58 - - - - -
1998-1999 バンクーバー・カナックス NHL 59 13 35 48 33 - - - - -
1999-2000 バンクーバー・カナックス NHL 66 17 37 54 30 - - - - -
2000-2001 ニューヨーク・レンジャース NHL 82 24 43 67 89 - - - - -
2001-2002 ニューヨーク・レンジャース NHL 41 7 16 23 32 - - - - -
2002-2003 ニューヨーク・レンジャース NHL 78 18 22 40 30 - - - - -
2003-2004 ニューヨーク・レンジャース NHL 76 18 25 43 42 - - - - -
NHL合計 1756 694 1193 1887 1910 236 109 186 295 244

関連項目[編集]

外部リンク[編集]