マーク・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2009年

マーク・ミラーMarc W. Miller, 1947年 - )は、受賞歴のあるウォーゲームロールプレイングゲームデザイナーそして作家である。

経歴[編集]

1972年頃、マーク・ミラーと en:Rich Bannerそしてen:Frank Chadwickはイリノイ大学(Normal, Illinois)ゲームクラブのメンバーだった[1]。空白の六角形シート(ウォーゲームのマップを作るのに適していた)の印刷が奨学金設計の旗印となった。3人(に加え新しいメンバーのen:Loren WisemanとJohn Harshman)は、既存のゲームのいくつかの派生(GuerreSwampのような一般的な名前)やいくつかのオリジナルのコンセプト(Triplanetary)などの様々なデザインの草案を書きはじめた。

1973年、イリノイ大学にて、教育革新基金プログラムの下、学内にSimRAD (Simulation Research, Analysis, and Design)と呼ばれる、履修のためにゲームをデザインする教室が創設された。ほぼ同時期に、3人は大規模な第二次世界大戦シミュレーションゲームを出版することを明らかにした(この出版社としてゲームデザイナーズ・ワークショップを思いつき、創設した)。SimRADに対して大学の資金が枯渇し、3人は活動領域を商業的に切り替えた[2]

ゲームデザイナーズ・ワークショップ[編集]

ゲームデザイナーズ・ワークショップ(GDW)は1973年6月22日を誕生日に採択した。この年、GDWはDrang Nach Osten(第二次世界大戦ヨーロッパ・シリーズの最初の作品)とTriplanetary(ミラーが最初にデザインしたサイエンス・フィクション)を出版した。1974年、会社は5つの新作を出版し、この中にはCoral Sea(第二次世界大戦の海戦)とミラーによるChaco(1930年代のボリビアとパラグアイの間の戦争)が含まれる。彼がGDWに在籍中に、ミラーは合計で74点のゲームや製品をデザインし、平均して4ヶ月に1作品のペースであった。その中にはImperiumトラベラーMegaTraveller、そしてen:2300 ADが含まれる。

GDWは1996年2月29日に閉鎖された。ミラーは、この閉鎖は自発的なものであって、非常に急速にゲームを制作したあとの燃え尽き症候群に起因し、このペースを長期的に維持することができなかったからだと思う、とインタビューに答えている[1]。「みんなは動いているときはとても幸せだった。」[3]

GDWの後[編集]

マーク・ミラーは自分のゲームデザインをfarfuture.netで出版し、デザインとプロデュースの成果をゲーム産業に助言した。彼のロールプレイングゲームは現在スティーブ・ジャクソン・ゲームズとMongoose Gamesを介して印刷されている。

個人の歴史[編集]

マーク・ミラーは en:Glenbard East High School (Lombard Illinois)とイリノイ大学を卒業した。彼はアメリカ陸軍に配属され、大尉に任じられた。彼は任地のベトナムブロンズスター勲章を授けられた。

彼は1987年から2001年にCity of Bloomingtonの人間関係委員会で勤務し、町の草の根人種差別反対運動の創設者となった。彼は価値ある若者に音楽教育の奨学金を提供する、非営利のPratt Music Foundationの理事長として勤務している。

彼は現在、イリノイ州Bloomingtonに妻のDarleneと暮らしている。

表彰歴[編集]

ミラーは、デザインの卓越性によりいくつもの主要な賞を受賞しており、その中にはオリジン賞、名声のあるen:Games 100を6度、そしてGame Designers’ Guild Awardが含まれている。彼はアドベンチャーゲームで2度殿堂入りした:デザイナーとして就任していた1981年にオリジンの名誉の殿堂、そして彼のロールプレイングゲーム「トラベラー」が1997年に殿堂入りした。

脚注[編集]

  1. ^ a b DiceCast Special Holiday Interview Episode [1] (by en:Polymancer Studios). Podcast, includes interview with en:Marc Miller
  2. ^ http://www.escapistmagazine.com/articles/view/columns/days-of-high-adventure/7023-A-Perpetual-Traveller-Marc-Miller
  3. ^ "Spotlight On: The Original Designer of the Traveller Roleplaying Game. An Interview WIth Marc Miller." en:Polymancer magazine, Volume 2, Issue #10. pp 37-42.

外部リンク[編集]