マーク・ペーパーマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーク・ペーパーマスター(Mark Papermaster)は、アメリカ合衆国の技術者であり、AMDの上級副社長兼CTO[1]。元シスコシステムズのシリコン・スイッチング・テクノロジー・グループの副社長[2]。元アップルデバイスハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント。

略歴[編集]

1982年から2008年までIBMのバイスプレジデントであり、POWERPowerPCプロセッサの設計を統括した。

2008年11月4日にはトニー・ファデルの後任のiPodおよびiPhoneハードウェアエンジニアリングチームのリーダーとして、デバイスハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントに就任[3]したが、IBMとの訴訟により職務停止となり、2009年4月24日からアップルでの実務に就いた[4][5]

ウォールストリート・ジャーナルによると、2010年8月7日付で、iPhone4の受信障害問題の責任を取る形でアップルを退職したと報じられている[6]。2010年8月6日の時点で、アップルのExecutive Profiles[7]から削除されている。

脚注[編集]

  1. ^ Executive Biography - Mark Papermaster - Senior Vice President and Chief Technology Officer, AMD
  2. ^ シスコ、アップル「iPhone」の元エンジニアリング責任者を採用
  3. ^ マーク・ペーパーマスター、アップルに入社
  4. ^ マーク・ペーパーマスター、デバイスハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントとして4月24日からアップルで実務開始
  5. ^ 元IBM幹部のペーパーマスター氏、ようやくアップル入社--未来のiPhoneやiPodを開発へ
  6. ^ YUKARI IWATANI KANE and IAN SHERR (2010年8月9日). “iPhone Executive Leaves - WSJ.com”. The Wall Street Journal. 2010年8月9日閲覧。
  7. ^ Executive Profiles