マーク・フェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・フェルト

ウィリアム・マーク・フェルト・シニア (William Mark Felt, Sr., 1913年8月17日 - 2008年12月18日[1]) は、アメリカ合衆国連邦捜査局職員。1973年に副局長として退職した。ウォーターゲート事件の内部告発者「ディープスロート」であることを2005年5月31日に自ら明らかにした。

参照[編集]

  1. ^ Weiner, Tim (2008年12月19日). “W. Mark Felt, Watergate Deep Throat, Dies at 95”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/12/19/washington/19felt.htm 2008年12月19日閲覧。 

外部リンク[編集]