マーク・ヒューズ (ウェールズ人サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ヒューズ Football pictogram.svg
Mark Hughes juli 1991.JPG
名前
本名 レズリー・マーク・ヒューズ
Laslie Mark Hughes
愛称 スパーキー
ラテン文字 Mark Hughes
基本情報
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
生年月日 1963年11月1日(50歳)
出身地 レクサム
身長 178cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1986
1986-1987
1987-1988
1988-1995
1995-1998
1998-2000
2000
2000-2002
イングランドの旗マンチェスター・U
スペインの旗FCバルセロナ
ドイツの旗バイエルン・ミュンヘン
イングランドの旗マンチェスター・U
イングランドの旗チェルシー
イングランドの旗サウサンプトン
イングランドの旗エヴァートン
イングランドの旗ブラックバーン
89 (37)
28 (04)
18 (06)
256 (82)
95 (25)
52 (02)
18 (01)
50 (06)
代表歴
1984-1999 ウェールズの旗 ウェールズ 72 (16)
監督歴
1999-2004
2004-2008
2008-2009
2010-2011
2012.1-2012.11
2013-
 ウェールズ代表
イングランドの旗ブラックバーン
イングランドの旗マンチェスター・シティ
イングランドの旗フラム
イングランドの旗クイーンズ・パーク・レンジャーズ
イングランドの旗ストーク
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レズリー・マーク・ヒューズ OBE(Leslie Mark Hughes OBE, 1963年11月1日 - )はウェールズ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW

屈強な体を生かした巧みなポストプレー、豪快なシュートが特徴でサポーターからスパーキーの愛称で親しまれた[1] 。1992-93シーズンに長い間低迷を続けたマンチェスター・ユナイテッドを26年ぶりのリーグ制覇に導いた立役者の一人である[1]

選手経歴[編集]

ヒューズはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、1983年にトップチームと契約を結んだ。1983-84シーズンには16得点をあげる活躍でPFA年間最優秀若手選手賞を受賞、翌1984-85シーズンにはFAカップ優勝に貢献した。 1986年からはエヴァートンFC所属のゲーリー・リネカーと共にスペインFCバルセロナへ移籍するが結果を残せず、翌1987年にドイツのバイエルン・ミュンヘンへレンタル移籍に出された。

1988年に古巣のマンチェスター・ユナイテッドへ復帰を果たすと、アレックス・ファーガソン監督の下で本来のプレーを取り戻し1990-91シーズンにUEFAカップウィナーズカップ優勝に貢献し、PFA年間最優秀選手賞を受賞。プレミアリーグ創設最初のシーズンとなった1992-93シーズンにはフランスエリック・カントナとのコンビで攻撃陣を牽引し[1]、26年ぶりのリーグ優勝に貢献、翌1993-94シーズンはリーグとFAカップの二冠に貢献した。

1995年にチェルシーFCへ移籍。チェルシーではジャンフランコ・ゾラらと共に1997年にFAカップ、1998年にUEFAカップウイナーズカップ優勝に貢献した。その後はサウサンプトンエヴァートンブラックバーン・ローヴァーズを渡り歩き2002年に現役を引退した。

ウェールズ代表としては1984年から1999年の間に国際Aマッチ72試合に出場し16得点を記録し、1999年からは代表監督も兼任して務めたが、FIFAワールドカップUEFA欧州選手権などの国際大会への出場は叶わなかった。

監督経歴[編集]

ウェールズ代表[編集]

2002年に引退後は、ひき続きウェールズ代表監督を務め、UEFA欧州選手権2004予選では、同年10月22日に敵地のナポリで行われたイタリア戦において強豪を相手に2-1で下すなどの手腕を発揮し、最終的にグループ2位でプレーオフ進出へと導いた。しかし2003年11月に行われたプレーオフでは2試合合計0-1のスコアでロシアに競り負け本大会への出場は成らなかった。

次ぐFIFAワールドカップ・ドイツ大会予選においても引き続き指揮を執ったが、第1戦のアゼルバイジャン戦、第2戦の北アイルランド戦を共に引分けると2004年9月に監督を辞任し、古巣のブラックバーン・ローヴァーズの監督に就任した[2]

ブラックバーン[編集]

2004年9月に前任のグレアム・スーネス監督がボビー・ロブソン監督を解任したニューカッスル・ユナイテッドFCの後任監督に就任するために辞任したことを受けて、シーズン途中がらブラックバーンの監督に就任した。フォーメーションは4-4-2を採用してデビッド・ベントリーモアテン・ガムスト・ペデルセンによるサイド攻撃を活かす半面、中盤のボランチに運動量を求めて攻守のリズムを生みだした。

1年目の2004-05シーズンに強固なディフェンスを植え付けて下地を作るとFAカップで40年ぶりに準決勝進出[3]、2005-06シーズンには攻撃面を強化して6位で。UEFAカップ出場権を得た。2006-07シーズンにはクレイグ・ベラミーポール・ディコフらが退団したが、代わりに南アフリカ代表ベネディクト・マッカーシーシャバニ・ノンダらを獲得。同シーズンはUEFAカップとの日程の兼ね合いに苦労し、リーグ戦は10位という結果に終わったがFA杯ではベスト4に進出した。また、マッカーシーが18得点をあげ得点ランク2位となるなど前述の退団者の穴を埋める以上の活躍を見せた。ヒューズ自身も2007年10月にはプレミアリーグ月間最優秀監督賞を受賞した[4]

2007-08シーズンはバイエルン・ミュンヘンからパラグアイ代表FWロケ・サンタクルスが加入。ヒューズはサイド攻撃を強化させ「ヨーロッパ・カップに出場する常連クラブを目指す」という目標を掲げた。このシーズンには移籍初年度のサンタクルスが19得点(得点ランク4位)、マッカーシーが8得点と攻撃陣を牽引しリーグ戦で7位となり再びUEFAカップ出場権を獲得した。

2008年6月、マンチェスター・シティFCがヒューズ獲得に動き、契約途中であったため違約金をブラックバーンに支払う形で退団が決定した。ブラックバーンでは約4シーズン指揮を執り安定した成績をもたらした[5]。なお、ヒューズの後任にはマンチェスター・ユナイテッド時代の同僚であるポール・インスがプレミアリーグ初となる黒人監督として就任した[5]

マンチェスター・シティ[編集]

2008年6月2日、スヴェン・ゴラン・エリクソンの後任として、マンチェスター・シティFCの監督に就任した[6]。マンチェスター・シティでの1シーズン目は10位に終わるものの、2シーズン目となった2009-10シーズンは大型補強もありアーセナルチェルシーに勝利。第17節の時点でリーグ最少の2敗に留めるなど好調を維持したが、7試合連続の引き分けもあり、サンダーランド戦の試合ハーフタイムに解任を告げられた[7]。この解任について選手時代にヒューズを指導したアレックス・ファーガソン

このような行為は受け入れられない。20試合くらい負けていたのであれば構わないがヒューズの場合はわずか2試合だ。物事にはやり方というものがある。

ヒューズの解任について、アレックス・ファーガソン

とマンチェスター・シティ側の対応を批判した[8]

フラム[編集]

2010年7月29日、リバプールFCの監督に就任したロイ・ホジソンの後任としてフラムFCの監督に就任した[9]。契約期間は2年。2010-11シーズンを8位(11勝16分11敗)の成績で終え、シーズンを通じて退場者を1名出したのみだったことからUEFAフェアプレーランキングで2位となり、同ランキング1位のチェルシーFCがUEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得していたこともあり、UEFAヨーロッパリーグ予選の出場権を獲得した[10]が、2011年6月2日に同月末で監督を退任する意向を表明した[11]

クイーンズ・パーク・レンジャーズ[編集]

2012年1月より、クイーンズ・パーク・レンジャーズFC監督に就任したが、11月に成績不振のため解任された[12]

ストーク[編集]

2013年5月30日、ストーク・シティFC監督に就任[13]

監督成績[編集]

クラブ 就任 退任 記録
試合 勝ち 分け 負け 勝率 %
ウェールズ代表 ウェールズの旗 1999年9月 2004年9月 &000000000000004100000041 &000000000000001200000012 &000000000000001500000015 &000000000000001400000014 &000000000000002926999929.27
ブラックバーン・ローヴァーズFC イングランドの旗 2004年9月15日 2008年6月3日 &0000000000000188000000188 &000000000000008200000082 &000000000000004700000047 &000000000000005900000059 &000000000000004361999943.62
マンチェスター・シティFC イングランドの旗 2008年6月4日 2009年12月19日 &000000000000007700000077 &000000000000003600000036 &000000000000001500000015 &000000000000002600000026 &000000000000004675000046.75
フラムFC イングランドの旗 2010年7月29日 2011年6月2日 &000000000000004300000043 &000000000000001400000014 &000000000000001600000016 &000000000000001300000013 &000000000000003256000032.56
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC イングランドの旗 2012年1月10日 2012年11月23日 &000000000000003400000034 &00000000000000080000008 &00000000000000060000006 &000000000000002000000020 &000000000000002353000023.53
合計 &0000000000000382000000382 &0000000000000151000000151 &000000000000009900000099 &0000000000000132000000132 &000000000000003953000039.53

タイトル[編集]

クラブ[編集]

マンチェスター・ユナイテッド
  • FAプレミアリーグ 2回 (1992-93, 1993-94)
  • FAカップ 3回 (1984-85, 1989-90, 1993-94)
  • FAリーグカップ 1回 (1991-92)
  • FAチャリティーシールド 2回 (1993, 94)
  • UEFAカップウイナーズカップ 1回 (1991-92)
チェルシー
  • FAカップ 1回 (1996-97)
  • FAリーグカップ 1回 (1997-98)
  • UEFAカップウイナーズカップ 1回 (1997-98)
ブラックバーン・ローヴァーズ
  • FAリーグカップ 1回 (2001-02)

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “レジェンド : マーク ヒューズ”. マンチェスター・ユナイテッド 公式ホームページ. http://www.manutd.jp/ja-jp/PlayerAndStaff/LegendsLandingPage/Mark-Hughes.aspx?pageno=2 2011年4月18日閲覧。 
  2. ^ “ヒューズ監督、ブラックバーンへ”. UEFA.com. (2004年9月15日). http://jp.uefa.com/news/newsid=230124.html 2011年4月18日閲覧。 
  3. ^ (英語)“Arsenal 3-0 Blackburn”. BBC. (2006年4月16日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/fa_cup/4427433.stm 2008年12月4日閲覧。 
  4. ^ (英語)Hughes wins manager of month award”. Lancashire Telegraph (2007年11月10日). 2008年12月4日閲覧。
  5. ^ a b “ブラックバーンの新監督が達成した「歴史的偉業」。”. Number Web. (2008年8月6日). http://number.bunshun.jp/articles/-/13407 2011年4月18日閲覧。 
  6. ^ “マーク・ヒューズ新監督 「シティはユナイテッドへの足がかりではない」”. AFPBB News. (2008年6月6日). http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/uk/2400794/2999453 2011年4月18日閲覧。 
  7. ^ “マンチェスター・シティがヒューズ監督を解任、後任にマンチーニ氏”. AFPBB News. (2009年12月20日). http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/uk/2676801/5066233 2011年4月18日閲覧。 
  8. ^ “ファーガソン監督 ヒューズ氏を解任したマンチェスター・シティを批判”. AFPBB News. (2009年12月25日). http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/uk/2677960/5085375 2011年4月18日閲覧。 
  9. ^ “フラムの新監督にヒューズ氏”. UEFA.com. (2010年7月29日). http://jp.uefa.com/memberassociations/association=eng/news/newsid=1509284.html 2011年4月18日閲覧。 
  10. ^ (英語)Fulham handed Europa League place”. the Barclays Premier League (2011年5月26日). 2011年6月2日閲覧。
  11. ^ フラムのヒューズ監督が辞任”. UEFA.com. (2011年6月2日). 2011年6月2日閲覧。
  12. ^ プレミア最下位QPR、ヒューズ解任を発表”. Goal.com (2012年11月23日). 2012年11月24日閲覧。
  13. ^ ストーク、ヒューズ新監督の就任を発表”. Goal.com (2013年5月30日). 2013年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]